ハマログ

株式会社イーツー・インフォの社員ブログ

それは誰のものなのか

世の中には星の数ほどのサービスやアイデア、企画があふれかえっています。

どれも一生懸命考え、練りに練り、検証を重ねて「これは行ける!!」と期待を込めて世に送り出したことでしょう。

しかしながら、それら全てがヒットするわけではありません。

「ヒットしないほうが当たり前」

そんな声すら聞こえてきます。

ヒットしないほうが当たり前…簡単に言いますが、一生懸命考えた身にとっては、とても残念でガッカリしますね。

どうしてヒットしないのかな~~~。

……………そこで思い浮かぶのは、

「需要」です。

社内で「行ける!!」と盛り上がった企画は本当の本当に需要があるのか?

最終的に、誰が喜ぶのか?喜ぶ人の顔が、具体的に見えるか?

企画、ものづくりはとてもやりがいのある、楽しい仕事です。

しかし、プロジェクトがスタートした瞬間それはすでに自分たちのものではありません。

お届け先の、世界中にいるかもしれない、それを待ち望んでいる人たちのものに成り得るか?

「ヒットしないな~~~、こんなはずでは…」と頭を抱えるまえに、

「需要」を冷静に判断できるようになりたいものです。


タノネコ   タノネコ   2013年11月13日


関連記事

提案書はA4用紙1枚で案を練る

こんにちは、営業担当のsakaiです。 提案書を作成する時、どんな手順でみなさん…

淘宝(タオバオ)の双十一とは?

双十一とは11月11日のことです。4つの1があるので、光棍の日(シングルデー)と…

島の営業

暑い夏、いかがお過ごしでしょうか? 奄美にきてから、すいかを山のように食べてる気…


← 前の投稿

次の投稿 →