ハマログ

株式会社イーツー・インフォの社員ブログ

Laravel5.1のリリース

Laravel5.1がリリースされました。PSR-2の採用、イベントブロードキャスト、ミドルウェアパラメータ、Artisanの強化など、様々な修正がなされました。
また、LTS(Long Term Support)が宣言され、2年間のバグ修正と3年間のセキュリティ対応が約束されました。

Laravel5.1 Document

PHP 5.5.9+

PHP5.4のEOLが2015年の9月までとなっているため、Laravel5.1ではPHPのバージョン5.5.9以上での動作が必須となりました。
AWS SDKやポピュラーなライブラリではPHP5.5以上を要求しているものが多く、それらとの互換性も考慮されています。

LTS(Long Term Support)

Long Term Supportが正式にアナウンスされ、2年間のバグ修正と3年間のセキュリティ対応が約束されました。

PSR-2

PSR-2に準拠するよう、フレームワークが構成されています。Artisanの各ジェネレータも、PSR-2に準拠するよう書きなおされました。

ドキュメント

ドキュメントの内容が全体的に見直され、コード例も再度記載されました。

イベントブロードキャスト

イベントブロードキャスト機能が実装されました。これにより、リアルタイムな更新情報をサーバサイドとクライアント側のJSフレームワークで共有することができるようになりました。

ミドルウェアパラメータ

ミドルウェアが追加のカスタムパラメータを受け取ることができるようになりました。

テスト機能の改善

テスト機能が大幅に改善されました。
特徴として、FluentInterfaceが導入されました。

public function testNewUserRegistration()
{
    $this->visit('/register')
         ->type('Taylor', 'name')
         ->check('terms')
         ->press('Register')
         ->seePageIs('/dashboard');
}

モデルのモッククラスを簡単に作成するために、ライブラリFakerが導入されました。

$factory->define('App\User', function ($faker) {
    return [
        'name' => $faker->name,
        'email' => $faker->email,
        'password' => str_random(10),
        'remember_token' => str_random(10),
    ];
});

Artisanの改善

Artisanコマンドが改善されました。一例として、routeのような署名が定義できるようになりました。

/**
 * The name and signature of the console command.
 *
 * @var string
 */
protected $signature = 'email:send {user} {--force}';
For more information on defining Artisan commands, consult the Artisan documentation.

フォルダ構造

意図をよりわかりやすく示すことができるように、app/Commandsディレクトリがapp/Jobsに改名されました。app/Handlersディレクトリも、app/Listenersに統合されました。
ただし、5.1では5.0との互換性を保つように設計されており、従来のディレクトリ名もそのまま使用できます。

暗号化の変更

Laravel5.0までは、PHPのmcryptにより暗号化処理されていました。Laravel5.1からは、openssl拡張により処理されるようになりました。

EOLLaravelLaravel5.1LTSPHP

kaneko tomo   kaneko tomo   2015年6月11日


関連記事

どくしょかんそうぶん

———-amazonより—&#8…

Googleセーフブラウジングで警告が表示されてあせった話

Googleセーフブラウジング使っていますか? Googleがウェブサイトをクロ…

FAQサイト構築ツールのご紹介

少し前になりますがイーツー・インフォのオープンソースソリューションでFAQサイト…


← 前の投稿

次の投稿 →