ハマログ

株式会社イーツー・インフォの社員ブログ

IOT × Amazon = ?

先日、パシフィコ横浜で行われた「マタニティ&ベビーフェスタ」で
最新鋭のベビーカーも展示されるとのことで見に行きました。

「きっと、坂道も楽に登れる電動アシストがついたものとかあるんだろうなぁ」

と思っていたら
どの商品も”軽量!”、”コンパクト!”、”小回り!”を追求しており違いが全く判らないという結果に終わりました。

どうも、宇都宮です。

 

 

 

さて今回のブログ内容ですが
前回に引き続き、

「IOT」

について書きたいと思います。

 

 

 

IOTって何?って方は
是非、前回のブログをご覧になって頂けると助かります。
多少は詳しく書いてますよ!

 

 

 

今回のタイトルは

IOT × Amazon

この2つが組み合わさっただけで新しい感じが凄まじいですね!

 

 

その名も


Dash Button

 

日本ではまだサービスは開始してませんが

海外のAmazon Primeユーザー向けに提供されている機能で

見た目は文房具のシャーペンの替え芯ぐらいの大きさのボタンになります!

WS000413

 

 

大事なのはいったいこれが何なのか??
ということですが

まぁ要約すると

①あ、洗剤切れた
②ボタンぽち
③クレジット決済され後日洗剤が家に届く

使い方はこんな感じになります。

 

 

 

ボタンの種類で来る商品が違う感じですが。
続々と種類は増えているみたいです。

WS000414

 

 

ボタン連打したらやばいんじゃない?

っとことですが

 

 

安心してください!

 

一度ボタン押した商品の配送が完了しないと次は注文できませんよ!!

 

 

そのため、間違って押した場合でもWEB上でアカウントにログインしてキャンセルできます。

そうじゃないと、子供が連打したら鬼のように洗剤が来ちゃいますもんね。

 

 

 

僕、個人としてはボタン押したらドミノピザ配達されたりするとテンション上がりますが。

 

何はともあれ

日本でサービス開始されるといいですねー!

 

P.S.
マタニティフェスで取材うけましたが
終始噛み噛みだったので完全にカットされてる。

AmazonIOT

T-utsu   T-utsu   2016年4月8日


関連記事

StreetView Image APIで、画像がないときに代替画像を表示する方法

Street View Image APIを利用すると、JavaScriptのコ…

CocoaPodsでiPhoneアプリ用のライブラリを管理する

RubyのRubyGem, PHPのcomposer, JavaのMavenなど…

Laravel5.4(5.3?)のメール送信

Laravel5.0とか5.1とかあたりでは、クロージャを利用してメール送信のプ…


← 前の投稿

次の投稿 →