ハマログ

株式会社イーツー・インフォの社員ブログ

Laravel5のLogレベルをconfigファイルのみで変更

Laravel5のログレベル変更方法がよくわからず、Laravel4と一緒で Application Debug Modeを無効(config/app.phpのdebugをfalse)にすればdebug以下のログは出力されなくなるんじゃないかと思っていたのですが、実は連動していなくてシステムリリース後のログが膨れ上がるという2週間でした。おかげでバグ対応できたけど。
みなさまにおいては楽しくお過ごしでしょうか。

さて、上記の問題に対応すべく、Exceptions HandlerとかService Providerを拡張するとか、無駄な感じの実装が必要だったんだけど、このたびめでたくコンフィグファイルによるログレベルの指定が実装されました!

以下のプルリクエストです。Kiril Grancharovさんどうもありがとう。
[5.2] Added support for different log levels. #13513
https://github.com/laravel/framework/pull/13513/files

指定できるレベルはPSR-3 Logger Interfaceのとおり

const EMERGENCY = ‘emergency’;
const ALERT = ‘alert’;
const CRITICAL = ‘critical’;
const ERROR = ‘error’;
const WARNING = ‘warning’;
const NOTICE = ‘notice’;
const INFO = ‘info’;
const DEBUG = ‘debug’;


app.configもしくは.env

// ログレベル設定
'log_level' => 'info',

現場からは以上です。

LaravelLaravel5MonologPHPphp5

kaneko tomo   kaneko tomo   2016年7月3日


関連記事

Laravel4.2のソフトデリート(論理削除)について

Laravel4.1で開発中のシステムをLaravel4.2にアップグレードしま…

PhpSpreadsheetとTcpdfでExcelファイルから日本語PDFを作成してみる(そして失敗する)

はじめに PDFの帳票をLaravelから作成したかったので、いろいろ試していま…

【連載1回目】WordPress開発に便利なプラグインDebug Bar

wordpressのデバッグを行う為にwordpres4.0ローカル環境にDeb…


← 前の投稿

次の投稿 →