ハマログ

株式会社イーツー・インフォの社員ブログ

常時SSL対応した時にリダイレクトループになった話

どうもこんにちは。

突然ですが、皆さまのサイトはSSL対応済みでしょうか。

GoogleChrome v70(2018年10月リリース予定)より、

SSL対応されてないサイトに対して、アドレスバーに赤字で警告が表示されてしまいます。

また、httpでアクセスした場合でも、httpsにリダイレクトさせてあげることにより、常にhttpsでサイトを表示できます。

httpとhttpsで重複でページが表示されなくなるため、SEO的にも良いとかなんとか。

今回は、そんな常時SSLに関する話。

はじまり、はじまり〜

■常時SSL化のために.htaccessを編集

SSL対応済みのサイトであれば、.htaccessを編集することにより、常時SSL化対応は完了するわけですが、以外にこれがはまったりします。

今回の対応では、.htaccessに下記を記述しました。

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

すると、リダイレクトループでサイトが表示されなくなりました。

 

うーむこまった。

 

調べてみるとどうやら記述方法は下記とのこと。

RewriteEngine on
RewriteCond %{ENV:HTTPS} !^on$
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

これで正常に表示されました!!

リダイレクトループする際とかはぜひ参考に!

HTTPHTTPSSSL常時SSL

T-utsu   T-utsu   2018年9月13日


関連記事

WordPressで簡単に記事を投稿する方法

  どうもこんにちは! 無駄に”見出し”を使って挨拶しました。Wing…

Eclipse起動しなくなったので解決しましたの巻

突然Eclipseが起動しなくなりました。 画面に表示されるエラー内容は以下のと…

最近、個人的にバズってるアプリを紹介

どうも!こんにちは! 家にPCモニターが無いため安いものを探しているWingma…


← 前の投稿

次の投稿 →