ハマログ

株式会社イーツー・インフォの社員ブログ

Amazon CloudWatch Eventsを利用したEC2インスタンスの自動停止

はじめに
AWSでEC2 Instanceの自動停止をLambda/AWS CLIでやっていましたが、できれば自前で解決せずマネージドな環境で対応できればいいのに、と思っていたところ、CloudWatch Eventsで設定ができるようになっていたので対応してみました。

ちなみに、今回の目的は停止し忘れたbastionサーバの自動停止です。
手順
まず停止対象のEC2インスタンスのinstance IDをメモします。

続いて、AWSコンソールからCloudWatch→イベント→ルールと進み、ルールの作成ボタンを押します。
ルールの作成画面が表示されるので、スケジュール(GMTなので日本時間の場合は、マイナス9時間)とターゲットを設定します。

ターゲットは、「EC2 Stopinstances API呼び出し」を選択して、前の手順で控えておいたインスタンスIDを指定します。
これだけで作業は完了です
Before
After
無事に停止したことを確認して作業終了です。
現時点で起動はまだできないですが、そのうちできるようになりますように!
AmazonAWSBastionCloudWatchCloudWatchEventCloudWatchEventsEC2InstancelambdamaintenanceStopコスト削減停止料金自動停止

  kaneko tomo   2019年6月2日


関連記事

スプレッドシートの変更履歴で履歴管理を行う

Googleスプレッドシートでは、「誰が」「いつ」変更したかを変更履歴で確認する…

竹酔月 2019

今月は台風一過の被害が凄まじかったですが、個人的には翌日に出勤できずにお休みした…

Adobe MAX 2019に行ってきた

12月3日にパシフィコ横浜にて開催されたAdobe MAX 2019に参加してき…


← 前の投稿

次の投稿 →