ハマログ

株式会社イーツー・インフォの社員ブログ

ALBだけでメンテナンスページを表示する

ウェブサイトのメンテナンス時に表示するメンテナンスページをALBだけで表示する方法です。

HTMLの文字列長が1024文字までという制限がありますが、簡易的な表示の際はアプリケーションやミドルウェアの設定を変更せずに対応できるためおすすめです。
一部IPにはサービスを見せるような設定も可能です。
通常のALBルールです
ルールをついかします。+ボタン
パスにアスタリスク*を入力。
THENは「固定レスポンスを返す」を選択して、Content-Typeをtext/htmlに設定します。
レスポンス本文にHTMLコードを入力します。

設定後の様子。
パスが*なので、デフォルトルールに到達しません。
今回は以下のHTMLコードを設定しました。
<html>
<head>
<title>現在メンテナンス中です</title>
<style type="text/css">
body {
background: #eee;
color: #333;
font-size: small;
font-family:Meiryo,Verdana, arial,helvetica,clean,sans-serif;
text-align: center;
line-height: 1.5;
}

</style>
</head>
<body>
<div id="page">
	<div id="main">
		<h1>現在メンテナンス中です</h1>
		<p class="p-b30">
		<b style="font-size:13px;">メンテナンス期間:8月 11日(月) 6:00 ~ 6:30</b>
		<br />
		※実際は多少前後する場合がございます。大変ご迷惑をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
		</p>
	</div>
</div>
</body>
</html>

						
メンテナンスページが表示されました
特定のIPはメンテナンス表示を知ない場合、優先ルールとしてIPアドレスの条件を設定します。

まとめ

設定簡単すぎ
503ALBApacheAWSmaintenancenginxメンテナンスロードバランサー

  kaneko tomo   2020年8月10日


関連記事

XAMPPのバージョン一覧

XAMPPを利用して開発するときに、レンタルサーバに設置されているPHPとかMy…

mediatombで自前DLNAサーバーを構築してみる

単車の乗り換え(トリッカー→CB400SF)を検討中の藤田です。 前回、iTun…

2020年の振り返り(システム開発編)

あいかわらずLaravelを利用する日々なので、新しい話題はほぼAWS側の取り組…


← 前の投稿

次の投稿 →