ハマログ

株式会社イーツー・インフォの社員ブログ

EC2からAWS ElastiCache for Redisへの接続確認(redis-cli)

表題の通り。AWSコンソールから作成したElastiCahce for Redisへの疎通確認をおこないました。

結論

EC2
Amazon Linux2

Redis
保管中の暗号化:有効
転送中の暗号化:有効
エンジンバージョン:6.2.6

その他
EC2-Redisクラスター間はセキュリティグループで接続許可済み。

redis-cli

ncやtelnetコマンドでの疎通確認方法がありますが、今回はEC2にredis-cliをインストールして確認する方法を選びました。
まず、redis-cliを利用できるようにredisをyumでいれました。
yumのほうが管理が楽なので。
yum install redis
※結論からすると、この方法だとダメだったのでアンインストールしました。

接続確認
redis-cli -h dev-cluster.dev-cluster.xxxxxx.apne1.cache.amazonaws.com --tls -p 6379
Unrecognized option or bad number of args for: '--tls'
yumでいれたcliは–tlsオプションが使えませんでした。
BUILD_TLS=yes
にしてビルドする必要があるとのこと。

アンインストール
yum remove redis*

Amazonのドキュメントの方法

ビルドします。ドキュメントの手順そのまま。
$sudo amazon-linux-extras install epel -y
$sudo yum install gcc jemalloc-devel openssl-devel tcl tcl-devel -y
$sudo wget http://download.redis.io/redis-stable.tar.gz
$sudo tar xvzf redis-stable.tar.gz
$cd redis-stable
$sudo make BUILD_TLS=yes
接続します。
src/redis-cli -h dev-cluster.dev-cluster.xxxxxx.apne1.cache.amazonaws.com --tls -p 6379
dev-cluster.dev-cluster.xxxxxx.apne1.cache.amazonaws.com:6379 > keys *
(empty array)
繋がりました。
最近はRedisの代替のMemoryDBというサービスも使えるので、そちらも試してみようと思います。
aAmazonAWSElasticachememchachedMemoryDBRedisインフラキャッシュサーバー

  kaneko tomo   2022年5月31日


関連記事

VagrantとAnsibleで仮想環境のCentOS6.5にWordPress環境構築!WebサーバーはNginxですか?(前編)

はいどーも! てるおです。 はいどーも!に見出しタグを使って元気感を演出していま…

AWS Cloud Quest

Amazonは暇なのか 暇を持て余しているのだろうか。 こんなものを作ったようだ…

AWSで仮想MFA(Multi-Factor Authentication)を有効にした

はじめに AWSでルートアカウントのMFAを有効にしていないため、Trusted…


← 前の投稿

次の投稿 →