ハマログ

株式会社イーツー・インフォの社員ブログ

2023年上半期の国内ソフトウェア市場の話

こんにちは。

koma です。

IDC Japan株式会社が、11月22日に「2023年上半期の国内ソフトウェア市場の実績と予測を発表した」とのニュースをみかけました。
ソフトウェア市場がどうなっているのか?と普段考えたことがなかったので、ちょっと読んでみました。

【以下より引用】

2023年上半期の国内ソフトウェア市場は前年同期比9.5%成長 ~IDC Worldwide Semiannual Software Tracker を発行~

2023年上半期の予測

発表によると、ざっくりと日本と世界の売上予測が以下の通りでした。日本のほうが少なめのようです。

  • グローバルなソフトウェア市場の売上⇒前年同期比11.1%増の4525億米ドルと予測
  • 国内市場のソフトウェア市場の売上⇒9.5%増の2兆2419億2000万円と予測
国内企業の主なソフトウェア投資

専門用語を調べつつ列挙しますと、国内企業のソフトウェア投資を押し上げた主な要因は

  • 企業でのAI活用への関心の上昇(生成AIを含むAIブーム)
  • ソフトウェアモダナイゼーションの要求(稼働しているIT資産を活かしつつ、古くなったシステムを最新の製品・サービスなどに置き換えること)
  • セキュリティインシデント(セキュリティ上の脅威となる事象)の増加

とのこと。何となくそうだろうなあ、と思える内容でした。
特に2023年上半期に特に注目を集めたのが、以下。

  • データ活用を通じた業務の効率化/自動化
  • 人的資本投資や環境投資などの非財務側面の強化による企業価値の拡大
  • サイバーセキュリティ/ガバナンス対策(リスクマネジメント・内部監査・内部統制など)のためのソフトウェア投資

また、パブリッククラウドサービス(使いたいクラウドサービスのみを、使う分だけ利用料を払って使用する)の売上が、全ソフトウェア市場の37.3%を占める高い成長を維持したとのことです。

今後のソフトウェア投資の予測

今後もやはり、AIブームが続くようです。個人的には「デジタルCXが伸びる」という予測が気になりました

  • 企業での生成AIを含む業務へのAI適用やデジタルCX(「顧客体験」UX・顧客満足などの価値全体)
  • 企業トラストの拡大(買収や合併による市場の独占)に向けたソフトウェア投資
  • AIに関連するデータ管理プラットフォームやコンテンツ管理/セキュリティ(生成AIを含むAIブーム)
  • AI組み込み型アプリケーションなどの市場(生成AIを含むAIブーム)

発表にはさらに詳細内容の記載がありますので、興味がある方はぜひ

余談

横文字用語が難しかった(いつものこと)

おしまい。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

2023年上半期AIブーム国内ソフトウェア市場

  koma   2023年12月6日


関連記事

Amazon Linux 2にAWS MarketplaceのTrend Micro Cloud One Workload Securityを導入する

AWSで稼働しているEC2インスタンスにTrend Micro Cloud On…

紅葉狩り2017

先週、皇居周辺をレンタサイクルでグルリと巡りつつ、紅葉を堪能してきました。 青空…

歴史は生き残りし者が真実を伝える

戊辰戦争に端を発して、会津若松を戦じんに巻き込み、函館の五稜郭で終焉をむかえた明…


← 前の投稿

次の投稿 →