ハマログ

株式会社イーツー・インフォの社員ブログ

Chatworkのチャットを1クリックでミュートできる、ちょっとしたスクリプトをかきました

e2infoではコミュニケーションツールとして、Chatworkを使っています。運用・保守に関するアラートもChatworkのチャットに、このように投稿されます。

ただ、自分が関わっていないプロジェクトの監視チャットなど、必要のない通知も未読として残り続けてしまいます。そのため、保守に関わっていない案件はミュートするようにしています。単に設定ボタンから設定すればよいだけですが、チャネルの数が多いとちょっとした手間です。そこで、手軽にチャットをミュート出来るようにしました。

manifest.jsonなどを書いてブラウザの拡張機能にしてもよいのですが、管理が面倒なので ScriptAutoRunner という任意のページで自分で設定したJavaScriptを実行してくれる拡張機能を使います。

JavaScriptのコードがこちらです。

https://gist.github.com/kishimotonico/1af106be7ab9ea421d1b5dbbc04d9457

このコードを画像のようにコピペします。コード本文の下に “www.chatwork.com” と設定することで、Chatworkでのみ有効になります。

これでChatworkの適当なチャットを開くと、右上の設定アイコンの右に新しくミュートボタンが追加されます。

このボタンを押すと、

  1. 歯車アイコンをクリックして、設定ダイアログを開く
  2. ミュートのチェックボックスをクリックする
  3. 保存ボタンをクリックする

の一連の動作を自動で行います。

「ミュートのチェックボックスをクリックして、保存」という動作なので、ミュートのON/OFFがトグルされます。ミュート解除したいときも同じく、ミュートボタンをクリックすれば可能です。

おわりに

このコードは入社した直後、大量にあるチャットをミュートしたくてて書いたものでした。今でも使えているので、ブログに残して供養しておきます。

ChatworkはReactを使ったSPAのようなので、このコードはちょっと無理やりな方法でボタン追加やミュート機能をしています。そのためいつまで動くかも分かりませんが、大量のチャットをミュートしたい方は自己責任の上でお使いください

  koni   2024年1月25日


関連記事

google画像翻訳の性能をチェックしてみた

CMでもよく見るようになったgoogle 画像翻訳。 初めてみた時はこんな夢みた…

12月もうすぐクリスマス

12月になりました。もうすぐクリスマスですね イーツー・インフォでは、毎年クリス…

AWS CodeDeployでデプロイ対象のアプリケーションによって処理を制御する

AWS CodeDeployでアプリケーションをデプロイする際に、特定のサーバー…


← 前の投稿

次の投稿 →