ハマログ

株式会社イーツー・インフォの社員ブログ

初花月 2024

久しぶりに都心でも積雪があったりと、かなり冬らしい如月の上旬でした。
そうはいっても暖かな日もあり、そんな冬麗な日を狙いすまして鎌倉へ観梅に出かけてきました。

まずは妙本寺へと参りました。
見事な蝋梅にお出迎えされて、幸先が良いとホクホクな心地。

先へと歩を進めてみると、流石に枝垂れ梅はまだまだでしたが思った以上の咲き具合で、梅の香りも芳しく初春といった風情に暫し浸りました。
名札はかかってなかったので品種名は分かりませんが、淡いピンクの梅は春めいた色合いが可愛らしかったです。

紅梅は、満開っぷりと空に映える色合いが素敵でした。

映えるといえば、白梅は冬の空気に映えるといった風情で、清涼感を目一杯堪能できました。

最後に見た山茶花(たぶん)も趣を感じさせる佇まいで、しみじみと見入ったりしてました。

次に足を運んだのは、本覚寺です。
何度か訪れたことはあるはずなのですが、十中八九その度にこの夷堂なんか凄いなと思っていると思います。
そして、灯篭がとても恰好良かったです。灯篭への感想とも思えませんが。

本覚寺では赤尽くしといった感じの鑑賞でした。
梅は先ほどの妙本寺よりも紅色が濃く鮮やかに見えて、力強い雰囲気を感じるのはワタクシが単純すぎるからでしょうか。

力強いといえば、恐らく木瓜の花と思うのですが植物の逞しさを感じました。

最後に行った大功寺では、とても綺麗だったヒマラヤユキノシタとイソギク(?)に出会えました。

梅ではない花も鑑賞できて贅沢な鎌倉行でした。
来月は早咲きな桜なども楽しみにしつつ、鑑賞に励みたいところです。

植物観賞

  K   2024年2月27日


関連記事

GitHub-Guessr

GeoGuessr 「GeoGuessr」というゲームがある。 GoogleMa…

露隠月 2021

先月の野望を達成とばかりに、いざ鎌倉! を決行しました。 休日ではあったのですが…

暮古月 2021

今年もコロナに明け暮れた一年になってしまいました。 収束の気配と新たな変異株の気…


← 前の投稿

次の投稿 →