ハマログ

株式会社イーツー・インフォの社員ブログ

XcodeでGitを利用したバージョン管理するでござるの巻!

こんにちは、かねこです。

ちょっといまさらな話題ですが、XcodeからGitのリポジトリを操作する方法を書いておきたいと思います。

環境の情報

・Mac OS X Version 10.9.2
・Xcode 5.1

ローカルリポジトリの作成(新規プロジェクト)

Xcodeでのプロジェクト作成時にローカルリポジトリを作成します。
プロジェクト作成画面の「Create git repository on ~」にチェックを付けます。

Screen Shot 2014-03-26 at 21.27.00

ローカルリポジトリの作成(既存プロジェクト)

プロジェクトの作成時にgitのローカルリポジトリを作らなかった場合、Xcodeからリポジトリを作ることができません。

コントロールが全て無効に!
Screen Shot 2014-03-26 at 21.43.20

この場合、以下の手順でリポジトリを作成します。

1. Xcodeを終了してターミナルで対象プロジェクトのディレクトリに移動します。

2. git初期化

git init

3. ソースファイルを全て追加

git add .

4. コミット

git commit -m "first commit"

5. Xcodeを開く
Xcodeからローカルリポジトリにアクセスできるようになりました!
Screen Shot 2014-03-26 at 21.13.25

リモートリポジトリにpush

Xcodeのメニューから、Source Control→アプリケーション名→Configure…と進みます。

Screen Shot 2014-03-26 at 21.14.38

表示されたウィンドウで、Remotesタブを開きます。次いで、左下の+マークを押下してAdd Remote…を選択します

Screen Shot 2014-03-26 at 21.14.52

リモートリポジトリ情報を入力

Screen Shot 2014-03-26 at 21.16.05

できました!

Screen Shot 2014-03-26 at 21.16.43

Pushしてみます。再びXcodeメニューのSource Controlより、今度はPushを選択します。

Screen Shot 2014-03-26 at 21.17.07

みごとせいこう!
Screen Shot 2014-03-26 at 21.19.22

現場より、かねこがお送りしました!

gitgithubgitlabvcsXcodeバージョン管理

kaneko tomo   kaneko tomo   2014年3月27日


関連記事

いまどきのPHPのはなし

クライアントの話を聞いているとあまりよい印象を持たれていないPHPですが、ここ数…

Laravel4.1から4.2へのアップグレード

Laravel4.1から4.2へのアップグレードを行いました。 composer…

nagiosでHTTPステータスコードを監視する

Nagiosについて イーツー・インフォでは、ウェブサイトの死活監視の一部にNa…


← 前の投稿

次の投稿 →