ハマログ

株式会社イーツー・インフォの社員ブログ

神無月 2023

ようやく秋めいた気温になって過ごし易さが戻ってきたので、少し湧いた気力で三渓園に出かけてきました。
好天に恵まれたのですが、もう秋だと油断して日傘を置いて出かけた甘さを痛感しました。
日差しの下は少し夏、日陰に入ると秋を感じるという非常に悩ましい気候の元、割合に汗を流しつつの庭園散歩となりました。

と、そんな三渓園に入る手前で、上海横浜友好園という庭園を見かけます。
最初は三渓園の一部かと思ったのですが、どうやら違いました。

ウェディングフォトを撮ってらっしゃる横をこっそりと通り抜けて、中での説明を読みますと、この庭園は上海市から寄贈された中国江南様式の庭園と建築だそう。
建築様式など全く分からないですが、こういう格子窓や梁をボンヤリ見るのが好きだったりします。

竹門に彼岸花の組み合わせにテンション上がったり、狛犬?と思ったら獅子の像にときめいたりと、ふらりと立ち寄った割には見応えがありました。

さて、本丸の三渓園です。
とはいえ、建築物を見るのは好きなものの詳しい訳ではないので、広い!沢山!凄い!という、どうしようもない感想しかないのですが、ひとまず天気も良く風は心地よく緑が美しいというリフレッシュには最高な散歩になりました。

お目当てとしては彼岸花だったのですが、無念ながら時期を逸してしまっていました。
それでも白の彼岸花が少し咲き残っているを見られたので、幸運でした。

萩もやっぱり見頃は過ぎているようでしたが、綺麗でした。

この辺で体力ゲージが尽きたのでお昼休憩としました。
この三渓麺(さんけいそば)が美味しくて、来るとついつい頼んでしまいます。他にもメニューあるんですけども。
そして暖かいうどん(つゆ無し)だったので、お抹茶のアイスもデザートに。

一息ついた所で見かけた芙蓉が青空に映えて、良き風情でありました。

良き風情といえば、秋を感じさせる芒。
建物の趣と相まって、一句ひねりたくなりますね。まぁ嗜みなど欠片も持ち合わせてないので気分だけ俳人です。

唐突に思い立って出かけたにしては、かなり楽しく散策できた三渓園。
次は紅葉か桜の時期に来てみたいです。

2023さんけいそば三渓園三渓麺上海横浜友好園中国江南様式庭園建築彼岸花抹茶アイス暖かいうどん桜木町植物観賞気温獅子神無月芙蓉

  K   2023年10月27日


関連記事

ALBでメンテナンスページ表示

AWS Application Load Balancer の固定レスポンス機能…

【必見】Google様による モバイルサイト改善のためのチェックリストと動画の紹介

Googleが、モバイル(スマホ)サイトを改善するためのチェックリストと動画を …

資格試験 – JCSQEについて

どうもーyasuです~ この前健康診断があり、ダイエットの結果が分かりました! …


← 前の投稿

次の投稿 →