ハマログ

株式会社イーツー・インフォの社員ブログ

マクド

奄美にはマクドナルドがありません。

関東ではマック、関西ではマクドって言いますけど、なんで違うんでしょうね。

マクドナルド

 

あるのは、モスバーガーとゴーゴーカレーくらいでしょうか。

 

さて、今日は、そんなマックの話です。

 

いや、マックアドレスの話です。

 

マックアドレスってなんじゃらほいです。

 

いや、別に知らなくても、人生困りません。

 

でも、知っておくと便利!かもしれません。

 

いや、あんま普通の生活には使わないな。。。

 

IPアドレスはご存知だと思いますが、ネット上の住所みたいなもんですね。

 

じゃあ、マックアドレスってなんでしょう?

 

かなりハードウェアよりです。

 

ネットワークカードのLANケーブルぶっさすとこに、固有の住所がついてるって感じです。

 

IPアドレスだと 123.123.123.123 って感じで書かれます。

 

マックアドレスは A0:B1:C2:D3:E4:F6 という感じで書かれます。

 

そして、なんと、前半は会社固有になってます。

 

http://www.redout.net/data/vendor.html

 

IPアドレスと一緒で、同じものがあると面倒なので、多分全部固有のアドレスになってます。

 

昔は、マックアドレスと結びついたソフトウェアのライセンスとかあって面倒でした。

 

なにせ、LANカード壊れたら、ライセンスも取り直しですw

 

マックアドレスを直接見る機会はほとんどないと思いますが、IPアドレスと絡んでうまくやってる縁の下の力持ちです。

 

OSI参照モデルで言えば、下から2番目のデータリンク層です。

 

気が向いたら、ぐぐってみてください。

macMACアドレスマクドマック

  oda   2013年8月20日


関連記事

集計処理の実装

大分間が空いてしまいましたが、前回の キーブレークを使った集計の実装を行ってみま…

DockerでMySQLの環境を構築してみる

前々からやってみないと、とは思っていたけど後回しにしていたDockerを時間がで…

clmtrackr – JavaScriptだけで顔識別が出来る

顔識別はもはや難しい作業ではなくなります。オープンソースの力で、JavaScri…


← 前の投稿

次の投稿 →