ハマログ

株式会社イーツー・インフォの社員ブログ

ECCUBEのヤマト配送時間変更対応の方法!

こんにちは!宇都宮です!

今日はなんと!ヤマトさんの配送時間変更に伴い、ECCUBE側の設定を変える手順を書きたいと思います!

知ってる人も多いと思いますが、ヤマト運輸さんは6/19より、従来の配送時間から変更になります。

午前中

12時~14時

14時~16時

16時~18時

18時~20時

20時~21時

午前中

12時~14時

14時~16時

16時~18時

18時~20時

19時~21時

これは一大事ですね。

なにせ今まで6区分だったステータスが、昼の時間がなくなった為に

5区分になってしまうわけですから

対応しないと・・・

ステータスがひとつズレます。

ということで、19日に先駆け

ECCUBE側の設定を変更して

ヤマト新配送時間に備えたいと思います!

※あくまで自己責任でお願い致します。

1.下記ファイルを変更。

eccubeルートディレクトリ\data\downloads\module\mdl_yfc_paymentapi\code\b2_delivtime_code.txt

 

0
1 0812
2 1416
3 1618
4 1820
5 1921
6 0010
7 0017

 

2.キャッシュファイル削除
 data/cache/b2_delivtime_code.json

 

3.dtb_delivtimeテーブルを変更
 ・”12時~14時→削除
 ・”20時~21時”→”19時~21時”に変更
 ・time_idを下記に変更
  1:午前中
  2:14時~16時
  3:16時~18時
  4:18時~20時
  5:19時~21時
 ・plg_yfcapi_b2_time_idを下記に変更
  1:午前中
  2:14時~16時
  3:16時~18時
  4:18時~20時
  5:19時~21時

これでおしまい!!

あとはフロント画面と管理画面のプルダウンで変わってるのを確認して、B2用CSVを確認して終わり!!

EC-CUBEECCUBE

T-utsu   T-utsu   2017年6月7日


関連記事

Google Apps Scriptで、Googleドキュメントのバックアップ

こんにちは、かねこです。 はじめに 弊社では、Googleドライブを利用して、一…

LaravelとGoogle APIの統合

LaravelでGoogleのAPIを利用します。 Laravelにはcompo…

ちいさなしあわせ

こんにちは、のだです。   うちで適当に育てていたいちごの苗に実がなっ…


← 前の投稿

次の投稿 →