ハマログ

株式会社イーツー・インフォの社員ブログ

LINE Messaging APIのテスト(はじめに)

LINE Messaging APIを試してみました。
https://business.line.me/ja/services/bot

概要と注意事項

  • 大きくわけて、Push APIとReply APIがある。
  • Push APIとは、Botから任意のタイミングでユーザーに対してメッセージ送信を行うAPI(公式より引用)
  • Reply APIとは、ユーザーからのメッセージに対して応答メッセージを送信するAPI(公式より引用)
  • ※ということで、Botを作るためのAPIのようです。
  • ・Messaging APIを利用中のアカウントでは、LINE@アプリ、1:1トークはご利用いただけません。※要注意

アカウントの用意

APIを利用できるように設定してみます。LINE Business Centerより、Messaging APIを始める ボタンを押します。
注意事項が表示されます。利用開始すると元の状態に戻すことができなくなるので注意が必要です。他の用途で利用している場合は、別アカウントを用意しましょう。
予告通り、個別のメッセージのやりとりができなくなりました。
利用を開始すると、LINE@ ManagerにMessaging API設定が表示されます。
また、Webhookやトークンの設定は、LINE Developersから実行できるようになります。
to be continued …
APIBOTLINELINE BOTMessage

kaneko tomo   kaneko tomo   2017年9月4日


関連記事

実行可能jar の プロパティファイルを外部に置く

背景 実行可能jarの設定などを記述したプロパティファイルを 開発時と本番時で分…

iptablesのログを出力して確認する方法

仕事でiptablesのログを出して調査する機会がありました。 過去何回か同じよ…

NetbeansでShift_JISエンコードのファイルを開く

こんにちは、かねこです。 NetBeansで既存プログラムのファイル一式を開くと…


← 前の投稿

次の投稿 →