ハマログ

株式会社イーツー・インフォの社員ブログ

Laravelのstringバリデーターについて

Laravel標準のLoginControllerを見ていたら、stringというValidatorが存在することを知りました。

ここです。
Foundation/Auth/AuthenticatesUsers.php#L62
$this->validate($request, [
    'email' => 'required|email|max:255|string',
    'password' => 'required|string',
]);
公式ドキュメントを確認してみると以下の説明がありました
string The field under validation must be a string. If you would like to allow the field to also be null, you should assign the nullable rule to the field.
https://laravel.com/docs/5.5/validation#rule-string
・・・型のチェック?
結局よくわからなかったので実装を確認します。

ここ。 https://github.com/illuminate/validation/blob/master/Concerns/ValidatesAttributes.php#L1312
public function validateString($attribute, $value)
{
    return is_string($value);
}
PHPのis_string関数を呼び出していました。
ということで、エラーチェックにいれておく分にはよさそうです。
パラメータに配列を渡された場合の想定外の動作などを防ぐことができそうです。
ちなみに、nullを許可する場合は’string|nullable’を指定する必要があります。

終わり。
is_stringLaravelstringValidationValidator

kaneko tomo   kaneko tomo   2017年9月15日


関連記事

Laravel Novaつかってみる

はじめに 管理画面にlaravel-adminを使っていたのですが、あまり更新さ…

今話題のZ.comを利用してWordPressを構築してみた1

Z.comはGMOグループが提供する、ブランドです。 そこで今回は先月からサービ…

Laravel5でCarbon locale=>jaに設定

事の始まりは上長より 「setlocale(LC_ALL, ‘ja_…


← 前の投稿

次の投稿 →