ハマログ

株式会社イーツー・インフォの社員ブログ

早苗月 2021

GW中は連休を思い切り満喫(ステイホーム)しました!
外に出ないって本当に気楽なんですよね。
とはいえ、全く出かけないというのは流石に不健康に過ぎるということで、買い物を兼ねた一回くらいはお出かけしました。
遠出するわけにもいきませんので、いつものフラワーセンターです。

さて。
先月は桜に間に合ったのですが、無念なことに藤の見頃は華麗に去ってしまっておりました。
それでも咲き残りの藤がいくらかは見ることができて、寂しい風情ながらも堪能はしました!
 

名残の藤に別れを告げて、次はこの時に見頃だった芍薬ゾーンへ。
花だけ見てますと牡丹と区別がつかない気がするのですが、草だと芍薬、木だと牡丹という見分け方が簡単そうで、粗忽なワタクシでも安心です。
また、フラワーセンターは過去に輸出目的の品種改良によって大船系とされる品種があるそうで、そういえば花菖蒲にもあったような気がする……と思いながら鑑賞に向かいます。

衆望という品種は桃色の花弁が可愛らしい雰囲気でした。

そしてどの花の品種にもあるんだな、と感動してしまった人名の品種名は迫力ある華麗さでした。
赤い花弁がスカーレットオハラ、淡桃から白の花弁がミセス F.D.ルーズベルトです。

芍薬だけで終わるのが勿体無い気がしますね。そう、5月上旬ともなると薔薇が綺麗になってくる季節だからです。
といったところで、芍薬ゾーンから薔薇ゾーンに移動しました。
初夏といって差し支えない日差しのなか、かなりの薔薇が咲いていました。見頃というには、ほんの少し早いかな、くらいです。
鮮やかな花色も素敵ですが、やはり好みはとなると淡い花色となるので薔薇の写真も自然とそうなってしまいました。
ブルームーンと、緑光という品種です。

どちらがどの品種というのは言わずもがな、というのが素晴らしい名づけだと唸ってしまいます。

もっと咲き誇る薔薇があるのですが、撮影の上手くいかなさにご紹介できるのはここまでとなりました。無念。
無念といいつつ、腕を上げる気合はわかないので……奇跡の一枚を期待しつつノンビリと続けたいと思います。

植物観賞

  K   2021年5月27日


関連記事

ITツールの機能紹介-画像のテキストを翻訳する方法-

つ~じ~です。感性が独特とよく言われます。 今回は「翻訳ツール」に関する機能の紹…

仕事をする上での遊び心について

こんにちは、かねこです。 スタバにはたまに遊び心があってステキだと思います。Wo…

歓迎会でいただいた、栽培キットと最近の出来事

歓迎会でいろいろいただいたのですが、サラダほうれんそうの栽培キットをもらって次の…


← 前の投稿

次の投稿 →