ハマログ

株式会社イーツー・インフォの社員ブログ

iPhoneのバッテリー破損したときの記録

ある日こんな不具合が発生していました。

勝手に文字が打ちこんだり、妙な挙動をする
乗っ取り・・・ではなく、画面の一部(左下?)が押しっぱなしのような扱いになっていました。
ちなみにこの現象はサイドボタンでスリープ状態/解除を繰り返すと落ち着きますが、しばらくスリープ状態にしていると再発します。

2.Face IDが使用できない
Face IDに使用するTrueDepth カメラが壊れていたようで再設定もできませんでした。
キャリアの2段階認証などで、Face IDを使用していたため、いろいろな手続きができなくなってしまいました。

 

原因

 

記事の冒頭の通り、iPhoneのバッテリーが破損したことにより、膨張して画面が浮き上がってしまったためです。

通常はここまでなるのは稀らしく、Appleストアの店員さんに見せた際「こんな風になっていること見たことないです」とドン引きされてしまいました。

もう少し分けると以下の3つです。

1.バッテリーが古い

iPhoneⅩを購入して4年。バッテリーがあまり劣化してなさそうだったため、一度も交換してませんでした。

2.iPhoneの落としすぎ

これが破損した最大の原因。
よく落とすので、今までコンクリートに落としても問題ないぐらい衝撃に強いケースを使用していましたが、事件直前はそのケースの老朽化に伴い破棄していたため、そのまま使用していました。

3.バッテリーへの負担

破損後の膨張はおそらくこれ。リモートワークをし始めてから、iPhoneで音楽聞きながら作業するため、充電したまま使用するケースが多くなってました。
あとは、最近のスマホゲームのクオリティが高すぎて…というのもあるのでしょうか。

結局どうしたのか

新しくiPhone13買いました。
せっかくなのでiPhone13proが欲しかったですが、在庫がなかったため、妥協しました。

最後に

今回のケースは稀なのでFace IDが使用できない場合は、Appleの公式サイトをまず確認してくださいー。

 


  meg   2022年2月15日


関連記事

Go To Eatプレミアム付食事券を利用してみました!

Go To Eatのネット予約はずいぶん前に始まったのですが、事前の予約じゃない…

初花月 2022

今月は観梅! と勢い込んで、いつもの大船フラワーセンターに参りましたら、何やら珍…

Amazon Linux 2のPHP5サポート

現時点で、PHP5系のサポートはすべて終了しています。 PHP5系のセキュリティ…


← 前の投稿

次の投稿 →