ハマログ

株式会社イーツー・インフォの社員ブログ

竹酔月 2022

残暑とはいえ、真夏の酷暑と比べれば大分過ごし易くなってきた気がします。
セミの声も寂しい感じになってきた夏の終わりといえば、彼岸花の季節!
張り切って、いつもの大船フラワーセンターに行って参りました。

お目当ての前に、他にも何かないかと園内を散策しまして、秋の風情を発見!
そうお月見には欠かせないススキです!
と、近づいてみましたら、綺麗ではあるもののススキの侘びた風情とは違うふわふわ感。

説明札には「パンパスグラス」との名が記されておりました。
思い切り別種です。
しかし、胡乱極まりない記憶では確かススキもあったはず……と、探して見つけたススキがこちらです。
 

日本庭園もあるのです、フラワーセンター凄い……。
割と日本庭園はスルーしがちなのですが、ススキの風情は流石の趣でした。

風情は秋を味わいましたが、外気温は夏……ここで水補給の休憩を入れまして。
その際に休憩する場所をウロウロ探して目に入った鮮やかな赤。
丸っとしたフォルムが可愛らしい感じです。説明には「マルバデイゴ」とありました。
 

この時期は彼岸花にばかり気を取られて、初めて出会った!な花なのです(恐らくは)。
が、この鮮やかさをスルーするワタクシの節穴加減、我ながらなかなかです。

そして後から調べてみると花期は夏の間中、というアベリアという花に出会いました。
結構な頻度で通っているのですが、咲いていたかと問われると、はて? と思う程度には初お目見えな心地。
 

毎度のことながら記憶が定かではないので、通っている回数が多いにも関わらず何かしら新鮮な出会いが味わえるのはお得なのかもしれないと誰にともなく言い訳などしながら、散策を続行します。
暑いながらも、風が心地よくて足取りも軽く漫ろ歩いていますと、青空に映える白が目に入ってきました。
朝は白、夕方には紅色に花弁の色が変化する酔芙蓉です。
 

夕方まで居る気力・体力は無いので残念ながら変化後の酔芙蓉は撮れませんが、咲く白のすぐ側に萎んだ赤があると本当に変化するのだなぁと感じられて、興味深く見れました。

そして、いよいよ本命の彼岸花です。
花容の独特な美しさは、見飽きることなく何度でも目を奪われます。
 

赤も美しいですが、違う色合いの彼岸花も捨て難い美しさですね。
 

また、赤一色の壮絶な雰囲気も好きなのですが、花色が混ざり合って咲いているのも違った華やかさを感じて好きなのです。
 

これほど美しいのに、花・茎・葉・球根の全て部分に毒があるという危険な部分もあるわけですが。
それすらも美しさの一部になっているのでは、と思わせる魅力があります。

ここからは余談になりますが、ここらで帰途に付こうかという頃合いにスニーカーの底が剥がれました……。
歩くのに支障は出ない剥がれ方だったのが不幸中の幸いでしたが、出かける前にはそんな気配を微塵も感じなかったので衝撃の度合いはかなりのものでした。
来月までには散策用の新しい靴を調達しなければなりません。
高額なものを求めるわけではないものの、予想外の出費に少し傷心の帰り道でありました。

植物観賞

  K   2022年9月27日


関連記事

防災ヘルメット

先日、防災ヘルメットが会社から配布されました。 いろんな色(8色)があるのでスカ…

七夜月 2020

今年は蓮見が出来ないのではないか……。 そんな諦念が浮かぶかのように毎週末の天候…

ハワイアン

こんにちは池島です。プライベートでハワイアンをやっています。 今週末はホームパー…


← 前の投稿

次の投稿 →