ハマログ

株式会社イーツー・インフォの社員ブログ

もろもろアップデート

セキュリティ事故を防ぐため、理由がない限りはツールはアップデートしたほうが良い認識のため
使用しているPC(windows11)にて行っている各種アップデートについて纏めてみました。

①Windows Update

設定 > Windows Update を押下し、「更新プログラムのチェックを押下」して確認

設定 > Windows Update > 詳細オプション > オプションの更新プログラムも確認

②セキュリティソフトのアップデート

インストールしているセキュリティソフト毎に方法は異なりますが、だいたい「最新版のチェック」のようなボタンがあるため、そこで確認

③ブラウザのアップデート

ブラウザ毎に異なりますが、Chrome/Edge/Firefoxは ヘルプ > 〇〇[ブラウザ名]について
という項目から確認できました。

④officeのアップデート

Windows Updateで「その他のMicrosoft製品の更新プログラムを受け取る」をオンにしていてもアップデートされない場合があり、個別に確認

使用中のoffice:Microsoft 365 Apps for business
任意のソフトを起動 > アカウント > Microsoft 365 と office の更新プログラム
更新オプション > 今すぐ更新 を押下

⑤PC製品毎のソフトウェアアップデート

各製品毎にソフトがインストールされていて、そのソフトからアップデートを確認していました。
DELLの場合:Dell Support Assist
dynabookの場合:dynabook サービスステーション

情報が古いかもしれません。またdynabook サービスステーションは現在ソフトウェアのアップデート配信は行われておらず、Windows Updateや後述のMicrosoft Storeで確認するようになりました。

⑥Microsoft Storeのアップデート

Microsoft Storeを起動してライブラリを押下し、「更新プログラムを取得する」ボタンより確認できます。

⑦個別にインストールしたソフトのアップデート

ソフト毎に方式異なり、色々ありました

    • ソフト内でアップデートチェックできるもの
    • 最新のインストーラをダウンロードし実行するもの
    • 別途ダウンロード、解凍し置き換えるもの(インストール不要なソフトに多い)

これからも定期的に各種アップデートを確認します。

セキュリティ

  yasu   2023年4月27日


関連記事

JavaでBCrypt(Blowfish)ハッシュ処理と比較を利用する(Spring Security)

BCryptハッシュとは Blowfishは鍵を利用したブロック暗号方式で、現時…

脆弱性情報、どうやって追えばいいか数日苦しんだ結果

はいどーも! てるおです。 脆弱性情報、注意して情報収集しておきたいと思うこの頃…

Postfixから送信するメールにDKIMを設定する

はじめに LINUXサーバで可動しているPostfixから送信しているメールが迷…


← 前の投稿

次の投稿 →