ハマログ

株式会社イーツー・インフォの社員ブログ

sendmailからaws sesへのリレー

なぜsendmailからSESか

以下の理由でタイトルのようなことをやった
・SESのSMTPはSecureな通信しか受け付けないが送信元の都合で使えなかった
・AWS内のサーバー(sendmail)から直接外にメールを送信しようとすると制限がある

具体的な設定

■SESへの接続情報

authinfoに記述

AuthInfo:email-smtp.xxxxxxxxxxxx.amazonaws.com "U:root" "I:AKIXXXXXXXXXXXXXXXX" "P:xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx" "M:LOGIN"

■Secureな通信のための証明書や鍵の設定
証明書などの作成方法は省略。
作ったらsendmail.mcに設定する。

define(`confCACERT', `/etc/pki/tls/certs/ca-bundle.crt')dnl
define(`confSERVER_CERT', `/etc/pki/tls/certs/sendmail.crt.pem')dnl
define(`confSERVER_KEY', `/etc/pki/tls/certs/sendmail.key.pem')dnl

■SESへのリレー設定

define(`SMART_HOST', `email-smtp.xxxxxxxxxxxxx.amazonaws.com')dnl
define(`RELAY_MAILER_ARGS', `TCP $h 587')dnl
define(`confFROM_HEADER', `xxxxx@hoge.xxx')dnl
FEATURE(`authinfo', `hash -o /etc/mail/authinfo.db')dnl

■設定した内容をsendmailが使える形式に変換
authinfo.dbとsendmail.cfを作成

makemap hash authinfo.db < authinfo
m4 sendmail.mc > sendmail.cf

■sendmailの再起動

systemctl restart sendmail
sendmailSES

  at   2024年1月22日


関連記事

AmazonLinux2でClamAVを動かす

はじめに AmazonLinux2で動かしていたClamAVがエラーで動かなくな…

EC2からAWS ElastiCache for Redisへの接続確認(redis-cli)

表題の通り。AWSコンソールから作成したElastiCahce for Redi…

AWS IoT ボタンでチャットワークに通知する

AWS Iot エンタープライズボタンを購入したのが7月・・・なにもしないまま9…


← 前の投稿

次の投稿 →