ハマログ

株式会社イーツー・インフォの社員ブログ

WordPressプラグインWP to Twitterでツイッター連携

こんにちは。S.Iです。
桜が綺麗に咲いてますね。

今回はWordPress(3.2.1)で作成したブログから記事を公開、更新の際に自動的にTwitterへツイートを行うWP to Twitterプラグインをご紹介いたします。
まずはプラグイン、新規追加より「WP to Twitter」と検索します。

ブログ1

いますぐインストールしましょう。

インストール完了しましたらプラグインの有効化を行います。
ブログ2

続いてWP to Twitter 設定を行います。
TwitterアカウントよりConsumer key、Consumer secret、Access token、Access token secretを確認し設定します。

「Application Type」の設定を「Read Only」から「Read and Write」に変更することもお忘れなく。
ブログ3
これでTwitter連携完了です。

記事を公開した際にツイートされるようになりました。
ブログ4
ブログ5
ブログ6

なおテンプレートの設定で使用可能なショートコードには次のようなものがあるようです。

#title#: 投稿のタイトル
#blog#: ブログのタイトル
#post#: 投稿の抜粋
#category#: 投稿のカテゴリー (最初の一つ)
#cat_desc#: custom value from the category description field
#date#: 投稿の日付
#modified#: the post modified date
#url#: 投稿の URL
#author#: the post author (@reference if available, otherwise display name)
#displayname#: post author’s display name
#account#: @reference 形式のサイトの Twitter アカウント名 (もしくは、個人設定で値があれば投稿者のアカウント名)
#@#: the twitter @reference for the author or blank, if not set
#tags#: your tags modified into hashtags. See options in the Advanced Settings section, below.

管理画面にて設定できます。自動でツイートしてくれるなんて便利ですね。

PHPtwitterWordpressWP to Twitterプラグイン

S.I   S.I   2014年4月2日


関連記事

STIMULUSでちょっとリッチなUI

フロントエンド(JavaScript)の開発の方向性については「これ」というデフ…

PHPのfile_get_contentsでエラーハンドリングする

PHPのfile_get_contents関数で、サーバ上のファイルを読み込むこ…

Laravel出力ログファイルの切り替え(またはローテーション)

Laravelの標準ログ(storage/logs/laravel.log)は単…


← 前の投稿

次の投稿 →