ハマログ

株式会社イーツー・インフォの社員ブログ

Googleアナリティクスのイベントトラッキング

Googleアナリティクスのイベントトラッキングについて。
数年後にはすべてのサイトがユニバーサルアナリティクスになりますが、
まだ数種類のトラッキングコードが残っているので整理しました。

トラッキング種別

時期により4種類のトラッキングコードが有ります
・Urchin(urchin.js)
・同期トラッキングコード(ga.js)
・非同期トラッキングコード(ga.js)
・ユニバーサルアナリティクス(analytics.js)

urchin.js

Urchin Software Corporationが開発していた統計解析システムのコードです。
2005年にGoogleに買収されました。

<script src="http://www.google-analytics.com/urchin.js" type="text/javascript">
</script>
<script type="text/javascript">
_uacct = "xx-xxxxxxx-x";
urchinTracker();
</script>

同期トラッキングコード

<script type="text/javascript">
var gaJsHost = (("https:" == document.location.protocol) ? "https://ssl." : "http://www.");
document.write(unescape("%3Cscript src='" + gaJsHost + 
"google-analytics.com/ga.js' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E"));
</script>
<script type="text/javascript">
var pageTracker = _gat._getTracker("UA-xxxx-xx");
pageTracker._initData();
pageTracker._trackPageview();
</script> 

非同期トラッキングコード

<script type="text/javascript">
  var _gaq = _gaq || [];
  _gaq.push(['_setAccount', 'UA-XXXXX-X']);
  _gaq.push(['_trackPageview']);

  (function() {
    var ga = document.createElement('script');
    ga.type = 'text/javascript'; ga.async = true;
    ga.src = ('https:' == document.location.protocol ? '
    https://ssl' : 'http://www') + '.google-analytics.com/ga.js';
    var s = document.getElementsByTagName('script')[0];
    s.parentNode.insertBefore(ga, s);
  })();
</script>

同期トラッキングコードでは、コード自体がページのレンダリングを妨げてしまうという問題点がありました。
この問題を解決するために、トラッキングを非同期でおこなうコードが作成されました。

ユニバーサルアナリティクス

今年の4月に正式リリースされたGoogleアナリティクスです。
ユニバーサルアナリティクスに移行する理由
https://developers.google.com/analytics/devguides/collection/upgrade/?hl=ja#benefits

<script>
  (function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){
  (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o),
  m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m)
  })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga');

  ga('create', 'UA-xxxxxxxx-x', 'auto');
  ga('send', 'pageview');
</script>

ユニバーサルアナリティクス以外はそのうちサポート終了してしまうことがGoogle社より正式に公表されていますので、なるべく早いうちからユニバーサルアナリティクスを利用しましょう

イベントトラッキングの方法

さて本題です。
同期トラッキングコード、非同期トラッキングコード、ユニバーサルアナリティクスそれぞれのイベントトラッキングコードの書き方は以下のとおりです。

同期トラッキングコード

pageTracker._trackEvent('カテゴリ', 'アクション', 'ラベル', '値', false)

非同期トラッキングコード

 _gaq.push(['_trackEvent', 'カテゴリ', 'アクション', 'ラベル', '値', true]

ユニバーサルアナリティクスのイベントトラッキングコード

ga('send', 'event', 'Category', 'Action', 'Label', Value);

カテゴリ(必須)
トラッキングするオブジェクトのグループ

アクション(必須)
カテゴリ内でユニークとなるアクション名を指定

ラベル(任意)
イベントデータに対して追加のラベル設定が必要な場合に指定

値(任意)
ユーザイベントに対する値を数値で指定。価格とか。

Non-interaction(任意)
直帰率計測対象とする場合にtrueを指定する。

以上、まとめでした。


  kaneko tomo   2014年11月21日


関連記事

最新のOracleドライバーをMaven2で管理する

古いJavaをバージョンアップしようと試みたところ、Oracleドライバが古く、…

サルでもわかる勉強会②

前回はGit使えばコンフリクト回避できるよー、バージョン管理には最適だよーってこ…

Googleアナリティクスの設置場所について

Googleアナリティクス(以下GA)タグとは登録したサイトのユーザーの行動に関…


← 前の投稿

次の投稿 →