ハマログ

株式会社イーツー・インフォの社員ブログ

LaravelとGoogle APIの統合

LaravelでGoogleのAPIを利用します。
Laravelにはcomposerが内包されているため、簡単にGoogle APIを統合することができます。

Quick Start

laravelルートディレクトリのcomposer.jsonにpackageを記述。

// 略
    "require": {
        "laravel/framework": "4.2.*",
        "google/apiclient": "1.*"
    },
// 略

composer updateの実行

< composer update
Loading composer repositories with package information
Updating dependencies (including require-dev)

// 略

Updating dependencies (including require-dev)
 - Installing google/apiclient (1.0.6-beta)
   Downloading: 100%

Generating autoload files
Generating optimized class loader

あとは使うだけです。

$client = new Google_Client();
$client->setClientId($clientId);

// 略
composerGoogleLaravelPHP

kaneko tomo   kaneko tomo   2015年2月5日


関連記事

WordPressで管理画面からテーマ編集時にエラー

はじめに WordPressの管理画面からテーマファイル(外観→テーマ編集)を編…

Magentoで構築したサイトの脆弱性チェック

ASP以外での通販サイト構築を検討する場合、日本国内ではEC-CUBEのシェアが…

Laravel6へのアップグレードで Call to undefined function str_slug()

はじめに 少し前にLaravel6がリリースされました。Laravel5.5で動…


← 前の投稿

次の投稿 →