ハマログ

株式会社イーツー・インフォの社員ブログ

Laravel5のartisanコマンドの自作

Laravel5でArtisanコマンドを自作する方法について。

Laravelのartisanの自作を書いたのがもう2年前のことでした!時が立つのは早いものです。
Laravel5では作り方がちょっとだけ変わりました。

How to

Laravel5のコマンドをつくるときは、自分でクラスを作成してもよいのですが専用のコマンドが用意されているので実行します。
コマンドはmake:console.

ヘルプ

> php artisan  help make:console
Usage:
 make:console [--command[="..."]] name

Arguments:
 name                  The name of the command.

Options:
 --command             The terminal command that should be assigned. (default: "command:name")
 --help (-h)           Display this help message
 --quiet (-q)          Do not output any message

作ってみました。

> php artisan make:command PostSecurityInformation
Command created successfully.

ジャーン!app/console/Commandsにできました。

20150605 233458

コンソールから呼び出せるようにするために、app/console/Kernel.phpにコマンドを登録します。

protected $commands = [
    'App\Console\Commands\Inspire',
    'App\Console\Commands\PostSecurityInformation' // 
];

もういちどartisan

> php artisan
(略)
post
 post:security        Command description.

Laravel5ではcronライクなスケジューラができたり、ますますコマンドが便利になっています。

artisanLaravelLaravel5PHP

  kaneko tomo   2015年4月20日


関連記事

jEnvで複数のJava SDKを使い分ける

素性のよくわからぬJavaの案件を引き継ぐことになり、その案件はJava7を必要…

MACとWindows環境の濁点問題

どうも!宇都宮です! 今回は業務中におきた問題について備忘録も兼ねて更新したいと…

Laravelのページネーションでrel=”next”とrel=”prev”を実装する

ページネーションの実装時に、GoogleのGoogle ウェブマスターブログ 複…


← 前の投稿

次の投稿 →