ハマログ

株式会社イーツー・インフォの社員ブログ

Nagiosでpingの応答が返ってこないサーバを監視する

Nagiosで死活監視をしているサイトのうち、サービスステータスが正常なのにホストステータスがダウンと表示される現象がおきました。ブラウザでも正常に表示することができます。

nagios1

Host Check Timed Outと表示されています。

Host State Information
Host Status:	  DOWN   (for 1d 21h 58m 10s)
Status Information:	(Host Check Timed Out)

もう少し調べてみると、どうやらpingがとおらないホストが怪しいです。
そこで、Nagiosの標準設定を見てみます。

# 'check-host-alive' command definition
define command{
        command_name    check-host-alive
        command_line    $USER1$/check_ping -H $HOSTADDRESS$ -w 3000.0,80% -c 5000.0,100% -p 5
}

やはりホストの監視をpingでおこなっています。

今回はHTTPとHTTPSの監視が目的なので、HTTPチェックが通ればホストの状態を確認することができます。
そのため、ホストの生存確認をおこなわないコマンドを作成しました。

# 'nocheck-host-alive' command definition
define command{
        command_name    nocheck-host-alive
        command_line    $USER1$/check_dummy 0
}

check_dummyはNagiosに予め用意されているダミーコマンドです。
あとは、個別のホスト監視設定に作成したコマンドを指定します。

define host{
        use                     linux-server
        host_name               example.com
        alias                   example.com
        address                 127.0.0.1
        check_command           nocheck-host-alive
}

無事にすべてのホストが稼動状態になりました。

nagios2

Nagios死活監視

  kaneko tomo   2015年6月26日


関連記事

play framework – Driver not found: [com.mysql.jdbc.Driver]

play framework 2 で MySQL に接続したいと思いました Pl…

Let’s EncryptのCertbotを アップデートする(ACMEv1の無効化対応)

Let’s Encryptからメールがきました。ACMEv1というプ…

文字コード

ソフトウェア関係の仕事に携わる方ならきっと文字コードで面倒な思いをしたことがある…


← 前の投稿

次の投稿 →