ハマログ

株式会社イーツー・インフォの社員ブログ

AWS CodeDeployでデプロイ対象のアプリケーションによって処理を制御する

AWS CodeDeployでアプリケーションをデプロイする際に、特定のサーバーのみスクリプトを実行したいケースがあり、AppSpecのフックセクションで環境変数を利用して解決したのでそのメモです。

AppSpecのフック(hooks)セクション

アプリケーションによる処理の分岐

今回は以下のように処理を制御しました。

appspec.yml
version: 0.0
os: linux

files:
  - (略)
permissions:
  - (略)

hooks:
  AfterInstall:
    - location: deploy/after-install.sh
runas: root
after-install.sh
#!/bin/bash
(略)
if [ "$APPLICATION_NAME" == "batch-server" ]
then
    sudo systemctl restart supervisord
fi
(略)
これにより、CodeDeployのアプリケーションがbatch-serverの場合にのみ、supervisordの再起動が実行されるようになりました。
Amazon Web ServiceAmazon Web ServicesApplicationAWSCode CommitCode DeployCode PipelineCodeCommitCodeDeployCodePipelinefooksifアプリケーションデプロイ

  kaneko tomo   2024年5月6日


関連記事

先日使えるようになったGitHub CopilotのChatとfor CLIが便利だった

今年、2023年2月にGitHub Copilot for Businessが正…

AWS ChatbotでSlackに通知する

AWSからの通知をSlackに連携する場合、いくつかの選択肢がありますが、AWS…

TextWranglerと正規表現で大量ファイルを一括置換

大量のHTMLファイル内に記述されたjsのパスを一括で置換したくなりました。 自…


← 前の投稿

次の投稿 →