ハマログ

株式会社イーツー・インフォの社員ブログ

HTTPSページの優先インデックス登録(Google)

HTTPSページがHTTPページよりも優先してGoogleにインデックス登録されるという記事がGoogleウェブマスター向け公式ブログで発表されました。
※ランキング順序の話ではなく、httpとhttps両方のプロトコルで同一コンテンツにアクセスできるページでどちらが優先的にインデックスされるかという話です。

HTTPS ページが優先的にインデックスに登録されるようになります – Googleウェブマスター向け公式ブログ

要件を引用します。

・セキュアでない依存関係が含まれていない。
・robots.txt によってクロールがブロックされていない。
・セキュアでない HTTP ページに(または HTTP ページを経由して)ユーザーをリダイレクトしていない。
・HTTP ページへの rel=”canonical” リンクが含まれていない。
・noindex robots メタタグが含まれていない。
・同一ホスト上の HTTP ページヘのリンクが含まれていない。
・サイトマップに HTTPS URL が掲載されている(または URL の HTTP バージョンが掲載されていない)。
・サーバーに有効な TLS 証明書がある。

いくつか補足。

セキュアでない依存関係が含まれていない。
httpsページ内にhttpで読み込まれている画像や外部ファイルが存在しないということです。
含まれている場合、ブラウザで以下のような警告が表示されます(Chromeの例)

ssl_include_http

robots.txt によってクロールがブロックされていない。

Googleサーチコンソールのrobots.txt テスターでチェックできます
サーチコンソール robots.txt テスター

HTTP ページへの rel=”canonical” リンクが含まれていない。

可能な場合、HTTPページ内にHTTPSへのrel=”canonical”を記載しましょう。常時HTTPS接続のほうがさらによいです。

同一ホスト上の HTTP ページヘのリンクが含まれていない。

リンクは相対URLまたは//はじまりで記述しましょう。

無料SSLを提供するLets Encrypt(https://letsencrypt.org/)もPublic Betaになり、来年は世界中でSSL対応が加速しそうです。

GoogleSSLインデックスロボット

  kaneko tomo   2015年12月19日


関連記事

LaravelプロジェクトとJenkinsの連携

一年前くらいに自社サーバにJenkinsをいれた(yumしただけ)んだけど、放置…

Laravel5.2のMulti-Auth

Laravel5.2がでました。大目玉の機能として、ついに認証にMulti-Au…

スタンディングワークを始めてみた

同僚や私自身含め、腰痛に悩まされている方は多いと思います 季節の変わり目などは発…


← 前の投稿

次の投稿 →