ハマログ

株式会社イーツー・インフォの社員ブログ

Vagrantで静的ファイルの更新が反映されない時の覚書

Vagrantで開発環境を構築した初期のプロジェクトでは、CSSやJavaScriptの更新がブラウザキャッシュを消去しても反映されず、ちょっと悩んだ時がありました。

調査の結果、対応方法がわかり、以降新規でVagrantでの開発環境を構築するプロジェクトからはその設定を反映させて問題は起こらなくなっていたのですが、うちの U太君が「ローカルでCSSが上手く反映されず(云々)」とおっしゃるので開発環境の設定をみたところ、Vagrant導入最初期のプロジェクトだったのでその設定が行われていませんでした。

Vagrantの共有フォルダ機能を使っているとOSキャッシュが悪さして、静的ファイルの更新がうまく反映されなくなってしまうそうです。

そのためApacheのhttpd.confで以下の設定を行います。

EnableSendfile off

コメントアウトされているので、それを外すだけでした。

ちなみにOSキャッシュが原因なのでnginxでも同様の問題が起こりますが、nginxではnginx.confで、

sendfile off;

とします。

あれ、これU太君に話さなかったっけ?


Shin.A   Shin.A   2017年4月13日


関連記事

GNU dateで環境変数に持つ日時文字列の操作

背景など shellで日付の操作を行いたいと思いました その利用例はこんな感じで…

Laravelのパンくずリスト(Breadcrumb)の実装(リンクとJSON-LD)

Laravelのパンくずリストを実装します(ついでにJSON-LDも出力します)…

Laravel5のページナビをカスタマイズする

LaravelのPagination機能を使うと、超簡単にページナビゲーションを…


← 前の投稿

次の投稿 →