ハマログ

株式会社イーツー・インフォの社員ブログ

Laravel開発でREPLを使う

久しぶりにLaravelでのそれなりの規模の開発に携わることになりました。

以前PHPでもREPL(対話型評価環境)使いたいというブログを投稿しましたが、Laravelのartisanコマンドの中には、「tinker」というものがあり、Laravelフレームワークの機能を含め、コードを対話的に実行することができます。

今回はキャメルケースやスネークケース、複数形をどのようにLaravelが変換するのかを調べるためにヘルパー関数を実行してみました。

tinkerの起動は、アプリケーションルートで以下のコマンドを実行します。

php artisan tinker

3つのヘルパー関数を調べて見た結果がこんな感じでした。

>>> str_plural('hoge');
=> "hoges"
>>> snake_case('hogePiyo');
=> "hoge_piyo"
>>> camel_case('hoge_piyo');
=> "hogePiyo"
>>>

Model(Eloquent)の生成や保存、読み込みも対話的に実行できたりします。

LaravelPHPREPL

Shin.A   Shin.A   2018年6月27日


関連記事

Javaのプログラム内でBasic認証を設定する

目次 1.サーバ側(Apacheとか)でかける 2.ウェブアプリケーションサーバ…

Laravel5.6のロギングについて

先日公開されたLaravel5.6より、ロギングの仕組みが大幅に改善されました。…

LaravelのdeployはRocketeerで!

Rocketeerは、PHPのタスク管理&デプロイ用のプロダクトです。 Lara…


← 前の投稿

次の投稿 →