ハマログ

株式会社イーツー・インフォの社員ブログ

Amazon EBS スナップショットライフサイクルの自動化

いままでAWSでEBSのスナップショットをCloudWatch Eventsかスクリプトで取得していましたが、CloudWatch Eventsは世代管理に課題があって、スクリプトのほうはメンテナンスが大変という課題がありました。
Data Lifecycle Manager(DLM)でAWSコンソールからの取得ができそうなので試してみます。

EC2ダッシュボードからELASTIC BLOCK STORAGEのLifecycle Managerを選択し、表示された画面からCreate Snapshot Lifecycle Policyを押下します。
スナップショットのライフサイクルポリシーを指定します。

CloudFormationのスタックが選択肢にあったので、指定してみました。
IAM roleは自動的にできるようです
完成!
これでスケジュール通りのバックアップ取得と世代管理が実行されます。
AWSbackupebsバックアップ

kaneko tomo   kaneko tomo   2019年2月13日


関連記事

Amazon Linux 2のファイル容量拡張

はじめに Amazon Linux 2 で動いているシステムのファイル容量が10…

AWS online conference第二弾

AWS認定試験準備 4月8日からAWSの認定試験を準備しています。(申し込みはま…

AWS WAFでOWASP Top 10の対応

AWS WAFを導入したのでその記録です。 運用コストを考えると、自力でがんばる…


← 前の投稿

次の投稿 →