ハマログ

株式会社イーツー・インフォの社員ブログ

Amazon EBS スナップショットライフサイクルの自動化

いままでAWSでEBSのスナップショットをCloudWatch Eventsかスクリプトで取得していましたが、CloudWatch Eventsは世代管理に課題があって、スクリプトのほうはメンテナンスが大変という課題がありました。
Data Lifecycle Manager(DLM)でAWSコンソールからの取得ができそうなので試してみます。

EC2ダッシュボードからELASTIC BLOCK STORAGEのLifecycle Managerを選択し、表示された画面からCreate Snapshot Lifecycle Policyを押下します。
スナップショットのライフサイクルポリシーを指定します。

CloudFormationのスタックが選択肢にあったので、指定してみました。
IAM roleは自動的にできるようです
完成!
これでスケジュール通りのバックアップ取得と世代管理が実行されます。
AWSbackupebsバックアップ

  kaneko tomo   2019年2月13日


関連記事

CORS(Cross-Origin Resource Sharing)がわからない

OWASPでCross-Domain Misconfigurationの警告が出…

Oracle:ORA-01658の対処法

「SQLエラー [1658] [72000]: ORA-01658: 表領域SY…

AmazonLinux2でClamAVを動かす

はじめに AmazonLinux2で動かしていたClamAVがエラーで動かなくな…


← 前の投稿

次の投稿 →