ハマログ

株式会社イーツー・インフォの社員ブログ

AWSのメール送信緩和申請はRemoval of E-mail sending limitじゃダメ

AWSのEC2では、デフォルトで25番ポートからのトラフィック(要はメール送信)を抑制しています。

EC2 インスタンスのポート 25 の抑制を解除する方法を教えてください。
https://aws.amazon.com/jp/premiumsupport/knowledge-center/ec2-port-25-throttle/

抑制解除のためには、rootアカウントで緩和申請をおこなう必要があります。

むかしのAmazon Web Services Japanの資料をみると、Use Case Descriptionに Removal of E-mail sending limit とかけばオッケイと書いてあります。
1. [Use Case Description]①に[Removal of E-mail sending limit]を記⼊(英語のみ記⼊可)
https://www.slideshare.net/AmazonWebServicesJapan/aws-42885668
より
ちょっと前まではこの方法で申請完了していたのですが、現在は少し厳しいようで当該申請をおこなうと、対策方法確認のためのメールがおくられてきます。

こんなやつです。
Hello,

Thank you for submitting your request to have the email sending limit removed from your account and/or for an rDNS update.

Can you please explain what mechanisms you will be putting in place to prevent being implicated in the sending of email spam.

Once we have this, we can evaluate your request.

Best regards,
意訳
ハロー

リミット解除の申請ありがとう。
スパムメール送信に関与しないための方法を説明してくれたまえ
という感じで、最低もう1ラリー必要になります。

今回こんな感じで送信したところ、(英語が正しいかはあやしい/表記ゆれは気にしない)
> Can you please explain what mechanisms you will be putting in place to prevent being implicated in the sending of email spam.

・Send mail from only web system.
・Send auto-reply email based on user action.
・Build MTA and take necessary measures such as SPF / DKIM / rDNS.
・Establish a secretariat and check bounce emails.
・User can refuse to receive email.
すぐに解除してもらえました。
Hello,
We’ve reviewed and approved your request for the removal of the EC2 e-mail sending limitations on your Amazon Web Services account. There are no longer limitations on your account for any IPs and instances under your account.
ぜひ日本語のリクエストも受け付けてくれるようになってほしいです。
AWSemailLimitメール緩和申請

  kaneko tomo   2019年10月4日


関連記事

AWS CDKでインフラ構築したので、CDKの概要や魅力を紹介

つい先月、私が関わっている案件でインフラリプレースをし、無事完了しました。そのと…

Google Cloud Monitoringでウェブサイトの死活監視設定

GCPで、Google Cloudの機能を利用してウェブサイトのURLの正常稼働…

AWS S3のデータを取り出す

現在、社内で利用しているサーバのデータはAWSにバックアップしています。いざとい…


← 前の投稿

次の投稿 →