ハマログ

株式会社イーツー・インフォの社員ブログ

IAMPolicy Simulatorをつかって不足しているポリシーを確認してみる

はじめに

AWSで必要な操作をおこなう場合に、IAMのポリシーとアクセス許可設定の権限が不足していることがあります。
設定を一つ一つ確認するのは手間と時間がかかるので、IAM Policy Simulator コンソールを使いましょう。

使ってみる

動作確認のために、ReadOnlyAccessロールのみをアタッチしたユーザーを作成しました。このユーザーでAWSマネジメントコンソールにログインします。
ログイン状態でhttps://policysim.aws.amazon.com/にアクセスします。
さて、このユーザーでEC2停止できるかな・・・
denied!!! できないようです
アクセス許可の場合。どのポリシーがアクセスを許可したかをみることができます。
図の例の場合、AdministratorAccessがEC2のStopInstancesを許可していることが表示されています。
便利なツールも意外と存在を知らずに、泥臭い対応をしてしまったりします・・・。どんどん効率化できるとよいですね。
IAMIAMPolicy SimulatorroleSimulatorシュミレーター権限

  kaneko tomo   2019年10月20日


関連記事

Amazon Linux 2に設置したBitnami Redmine StackにBasic認証を設定する

Redmineを利用するために、Amazon Linux2上に設置したBitna…

AWS WAFのカスタムレスポンスを試してみる

AWS WAFで、カスタムレスポンスを返すことができるようになったので試してみま…

AWS Systems Managerを利用して複数のEC2インスタンスで一括コマンド実行する

AWS Systems Managerの管理下にEC2を置くと、複数のインスタン…


← 前の投稿

次の投稿 →