ハマログ

株式会社イーツー・インフォの社員ブログ

AWS ChatbotでSlackに通知する

AWSからの通知をSlackに連携する場合、いくつかの選択肢がありますが、AWS Chatbotが標準でSlack連携をサポートしているので試してみました。
AWS Chatbot – ChatOps for AWS

AWS ChatbotはChatOpsを実現するためのサービスで、Amazon ChimeとSlackに対応しています。
※現時点で連携可能なAWSサービスは、いくつかに限られています。

・AWS Billing and Cost Management
・AWS CloudFormation
・Notifications for AWS developer tools
・Amazon CloudWatch Alarms
・Amazon CloudWatch Events
https://docs.aws.amazon.com/chatbot/latest/adminguide/related-services.html

Slackとの連携

AWSマネジメントコンソールからAWS Chatbotのページに移動して、チャットクライアントを設定で「Slack」を選択します。
クライアントを設定ボタンを押すと、Slackの画面に移動して認可の許可設定画面が表示されるので、内容を確認して連携を許可します。Slackの管理者権限が必要です。
設定画面は1画面だけです。名称、通知先のSlackチャネル、IAMロールを選択します。

ChatbotにはSNSトピックを介してメッセージが配信されますが、この画面でSNSトピックを選択すると、自動的にSNSの設定もおこなってくれます。
作成されたSNSサブスクリプション
ためしにCloudWatchで、「CPU使用率が1%以上になったらアラート」のルールを作成して通知してみました。
無事に連携できました。
AWSChatChatbotChatOpsnotificationSlackスラックチャット通知

  kaneko tomo   2020年5月4日


関連記事

AmazonLinux2でClamAVを動かす

はじめに AmazonLinux2で動かしていたClamAVがエラーで動かなくな…

WordPressプラグインWP to Twitterでツイッター連携

こんにちは。S.Iです。 桜が綺麗に咲いてますね。 今回はWordPress(3…

Programming for Kids

年々物事を覚えるのが大変になってきているお年頃です。 そして、奄美は、今日も半袖…


← 前の投稿

次の投稿 →