ハマログ

株式会社イーツー・インフォの社員ブログ

コンビニ弁当のプラスチック容器の話

ちょっと手間ですが、
スーパーのお惣菜やコンビニのお弁当はできるだけ移し替えてからレンジにしています。
なぜそんな面倒なことしているかと言うと、実はレンジしていいとしていけない容器があります。

プラスチック容器の裏にアルファベットが書いてあります。
大体「PS」と「PP」二種類がありますが、
「PS」の耐熱温度は70~90℃前後で、「PP」の耐熱温度は110~130℃前後です。
PS容器をレンジしたら、変形して有害物質が溶け出す可能性があります。

普通に売ってるお弁当は問題ないと思いますが、
たまにお惣菜に使われる薄い透明の容器が怪しいと思うことがあります。
しかも油分が多い場合レンジすると100℃に超えるときもあるので、できるだけ移し替えてます。
それにご飯がもっと美味しく見えますよ!

また食品用ラップについても調べてみました。
材質は「ポリエチレン」、「塩化ビニル樹脂」、「ポリ塩化ビニリデン」があります。
どれも耐熱温度110℃以上ありますが、先ほど言ったように油分が多いときは溶けることがあります。
と言っても溶けても有害物質はないようです。
ただ気分が悪いので、油分が多い食品は触れないようにつけたほうがいいです。

食品関係の規制が厳しいので、特に気を付けなくてもいいですが、
知っておいてもいいと思うので、ちょっとした豆知識を紹介いたしました!


  yiting   2020年9月15日


関連記事

暮古月 2018

先月までは余裕があったら、もう一度くらい紅葉狩りを……などと暢気に思ってましたが…

ワイヤレスキーボードの反応が遅いときに疑うこと

こんにちは、asukaです。キーボードの調子が悪く入力できない、数秒後にいっぺん…

花見月 2021

緊急事態宣言で引き籠り生活を満喫している間に、失ったものが2つあります。 それは…


← 前の投稿

次の投稿 →