ハマログ

株式会社イーツー・インフォの社員ブログ

業務円滑化テクニック – スタートアップ

最近自分が大好きなイベントが潰れてへこみまくりのつーじーです。それでも地球は回り続けるのです(?)

仕事を始める際、毎日必ず開くWebページや資料ってあると思います。打刻ツール、チャットツール、日報管理その他。それを毎日手作業で開くのは手間がかかると思いませんか?

PCには起動時に自動で任意のツールを開く機能があるため、それをご紹介いたします。

PCのスタートアップアプリ設定(Windows10)

PCの検索フォームで「スタートアップ」と調べると、「スタートアップアプリ」がヒットします。

こちらで設定するのも良いですが、こちらには登録されていないアプリもございます。
実はやり方を変えればどんなアプリでもPC起動時に自動で開いてくれるように設定できます

その為には以下のフォルダにアクセスしてください

C:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup

このフォルダにPC起動時に起動してほしいアプリのショートカットを入れておくと、PC起動時に自動で開いてくれます。

私はGoogleChromeと日報テンプレートのメモ帳を開くようにしております。

GoogleChromeのスタートアップ

特に使用者が多いであろうGoogleChromeにもスタートアップ機能があります。

GoogleChromeの[設定]→起動時→「特定のページまたはページセットを開く」

私は「チャットツール」「打刻ツール」「交通費申請用ページ」「カレンダー」「メールボックス」などを登録しております。

これで毎朝PCを起動するだけで「日報テンプレ起動」「GoogleChrome起動」「Chromeでいつも使うページをオープン」まで自動で行ってくれます。

ただしこれは本当に毎回起動するたびにスタートアップが作動してしまうため、自分専用のPCが無いと使用できません。自分のPCを自分で使わなくなった場合はちゃんとスタートアップの設定を消しておきましょう。
PCのスタートアップアプリフォルダはショートカットを作っておくと楽です。

今回はこれにて

Windowsアプリスタートアップ円滑化効率化起動

  つーじー   2021年7月16日


関連記事

風待月 2018

花菖蒲と紫陽花にソワソワしていた先月末。 恒例の大船フラワーセンター(年間パス迷…

桜雨

雨の土曜日、どんより… ひま…   雨がやんだ…

花残月 2022

今年の染井吉野は、見頃前後が雨に降られてしまってハラハラとしました。 いつもの大…


← 前の投稿

次の投稿 →