ハマログ

株式会社イーツー・インフォの社員ブログ

GCPのロードバランサでHTTP→HTTPSのリダイレクトを設定する

GCPのロードバランサでHTTP→HTTPSのリダイレクトを設定したので手順の記録です。
ロードバランサにはいくつか種類がありますが、ここではHTTP(S) 負荷分散の設定方法を記載します。

ロードバランサーを新しく作る場合と、既存のロードバランサーがすでにある場合で設定方法が若干異なります。

新しくロードバランサーを作る場合

新しくロードバランサを作る場合は、フロントエンドの構成でプロトコルをHTTPS, IPアドレスを固定IPに設定すると、「HTTPからHTTPSへのリダイレクトを有効にする」のチェックボックスが有効になります。

これをチェックするだけでリダイレクト設定が完了します。
リダイレクト時はHTTPステータスコード301を返します。

既存のロードバランサーが存在する場合

既存のロードバランサーが存在する場合は、フロントエンドの構成から設定ができません。

新しく作り直すか、リダイレクト用の別のロードバランサーを作成します。
1.ホストとパスのルールで、モードを「詳細なホストとパスのルール(URL リダイレクト、URL の書き換え)」に設定
2.以下のように設定します
・アクション「クライアントを別のホスト/パスにリダイレクト」
・パスのリダイレクト「接頭辞のリダイレクト」
・HTTPSリダイレクト「有効にする」にチェック
301GCPHTTPHTTPSLBLoadBalancerredirectリダイレクトロードバランサー

  kaneko tomo   2022年1月6日


関連記事

CloudFrontの署名付きURLをためす(with PHP)

はじめに CloudFrontの署名付きURLを試す機会があったのでやってみまし…

AWSのRDSイベントサブスクリプションをCloudFormationで設定する

AWSのRDSイベントサブスクリプションをCloudFormationで設定する…

ALBだけでメンテナンスページを表示する

ウェブサイトのメンテナンス時に表示するメンテナンスページをALBだけで表示する方…


← 前の投稿

次の投稿 →