ハマログ

株式会社イーツー・インフォの社員ブログ

GCPのロードバランサにIP制限を設定する

GCPのロードバランサにIP制限を設定します。GCPではAWSのようにロードバランサにIP制限を設定することができないため、WAFサービスであるCloud Armorで設定します。
外部 HTTP(S) 負荷分散の概要
https://cloud.google.com/load-balancing/docs/https
Google Cloud ファイアウォール ルールを使用して、トラフィックがロードバランサに到達しないようにすることはできません。グローバル外部 HTTP(S) ロードバランサの場合、Google Cloud Armor を使用してこれを実現できます。
Cloud Armorの設定画面で、デフォルトのルールを拒否に設定。ルールを追加して特定のIPアドレスを許可します。
設定が完了したら、ロードバランサーに紐付けます。こちらもCloud Armorの管理画面から設定します。
設定は以上です。指定のIPアドレスからのみ、ロードバランサーを通過して目的のサーバーまで到達することができました。
Cloud ArmorFirewallGCPIP制限WAFファイヤウォール

  kaneko tomo   2022年1月6日


関連記事

AWS CodeDeployでデプロイ対象のアプリケーションによって処理を制御する

AWS CodeDeployでアプリケーションをデプロイする際に、特定のサーバー…

Amazon EventBridgeでAuroraを自動停止する

Auroraクラスターは手動で停止できるのですが、AWSの仕様により7日後に自動…

VagrantとAnsibleで仮想環境のCentOS6.5にWordPress環境構築!WebサーバーはNginxですか?(前編)

はいどーも! てるおです。 はいどーも!に見出しタグを使って元気感を演出していま…


← 前の投稿

次の投稿 →