ハマログ

株式会社イーツー・インフォの社員ブログ

Laravelタスクスケジュールの多重起動制御のロックを解除する

LaravelのApp\Console\Kernelでタスクスケジュールを実行する際に、タスクが多重起動しないように指定することができます。withoutOverlappingメソッドです。
$schedule->command('emails:send')->withoutOverlapping();
この際、裏側ではLaravelはキャッシュの仕組みを利用してロックファイルを管理しています。

タスクが異常終了した場合、ロックファイルが残り続けてしまい、処理の再実行が上手く動かない場合があります。 ロックファイルの有効期限は24時間です。

ロックファイルはコマンド実行で削除することができます。
artisanでscheduke:clear-cacheを実行します。
> sudo -u apache php artisan schedule:clear-cache
Deleting mutex for: '/usr/bin/php' 'artisan' task:sample
ロックファイルが存在しない場合
> sudo -u apache php artisan schedule:clear-cache
No mutex files were found.
また、ロックファイルの有効期限を指定することもできます。
withoutOverlappingメソッドの引数に、ロックファイルの有効期限を分単位で渡します。

以下の例は、ロックの有効期限を5分で指定しています。
$schedule->command(SampleTask::class)->everyMinute()->withoutOverlapping(5);
artisanLaravelscheduletask

  kaneko tomo   2023年1月7日


関連記事

Laravel5のページナビをカスタマイズする

LaravelのPagination機能を使うと、超簡単にページナビゲーションを…

Homebrewで違うバージョンのMySQLを入れようとしたら若干ハマった

はいどーも! HomebrewでMySQL5.6をインストールしたくて、とりあえ…

jEnvで複数のJava SDKを使い分ける

素性のよくわからぬJavaの案件を引き継ぐことになり、その案件はJava7を必要…


← 前の投稿

次の投稿 →