ハマログ

株式会社イーツー・インフォの社員ブログ

A5:SQL Mk-2を使用してテーブル定義書を作成

こんにちは。S.Iです。

今回は、テーブル定義書のリバース生成 (Oracle/DB2/SQLServer/MySQL/PostgreSQL での利用を推奨)を行いましたのでご紹介させて頂きます。
既存のlocal環境Mysqlから読み込んで作成いたしました。

A5:SQL Mk-2

は複雑化するデータベース開発を支援するために開発されたフリーのSQL開発ツールです。高機能かつ軽量で、使い方が分かりやすいことを目標に開発されています。
SQLを実行したり、テーブルを編集するほかに、SQLの実行計画を取得したり、ER図を作成したりすることが出来る便利なツールです。

1.公式サイトよりダウンロードを行います。
20141219 105930

2.MySQL ODBCをインストールします。
20141219 110739

3.A5M2.exeよりMySQLサーバーへ接続するためのDSNの作成します。
「データベースの追加と削除」より追加するデータベースの接続タイプを選択します。種類が豊富でさまざまな環境で使用できる点が良いです。
今回はMysqlを選択!!
20141219 111418

4.テーブル定義書を作成します。
「データベース」→ 「テーブル定義書作成」を選択し、必要事項を入力します。
20141219 112512

5.完成です。テーブル一覧とテーブル情報のExcelファイルが作成されました。
20141219 112957
20141219 112825

A5:SQL Mk-2はそER図、DDL、DB上に実際に存在するテーブルそのもの、テーブル定義書設計の作成が行えるようです。
どれか1個書き直したら,ほかの3つも修正しないといけないですがA5:SQL Mk-2を使用すればDB構造が変わるたびに,適宜互いにリバース生成すれば自動生成可能ですので非常に便利です。
業務効率は大幅にアップしますね。

A5:SQL Mk-2mysqlテーブル定義書ドキュメント設計書

S.I   S.I   2014年12月19日


関連記事

NetbeansのFormatをPSRに準拠させる

こんにちは、かねこです。 いま挑戦しているPHPのプロジェクトで、NetBean…

いまどきのPHPのはなし

クライアントの話を聞いているとあまりよい印象を持たれていないPHPですが、ここ数…

Laravelのパンくずリスト(Breadcrumb)の実装(リンクとJSON-LD)

Laravelのパンくずリストを実装します(ついでにJSON-LDも出力します)…


← 前の投稿

次の投稿 →