ハマログ

株式会社イーツー・インフォの社員ブログ

Laravel5.6のロギングについて

先日公開されたLaravel5.6より、ロギングの仕組みが大幅に改善されました。

Laravelは、バージョンが変わるごとにそれなりにインパクトのある修正がガンガンはいりますが、ドキュメントがきちんと更新され、過去のドキュメントも保持されるため、基本的には利用するバージョンの公式ドキュメントを確認すれば問題ないことがほとんどです。
ログ出力について
ログの設定ファイルは以下のパスにあります
config/logging.php
従来は、ファイル・DBなど、どのログ機構を利用するか一意に指定する必要がありましたが、5.6からはstackという指定でき、複数ログ出力できるようになりました。

syslogとSlackにログ出力(公式から引用)
'channels' => [
    'stack' => [
        'driver' => 'stack',
        'channels' => ['syslog', 'slack'],
    ],

    'syslog' => [
        'driver' => 'syslog',
        'level' => 'debug',
    ],

    'slack' => [
        'driver' => 'slack',
        'url' => env('LOG_SLACK_WEBHOOK_URL'),
        'username' => 'Laravel Log',
        'emoji' => ':boom:',
        'level' => 'critical',
    ],
],
また、tap, pathという指定ができるようになりました。PSR-3のロギングインタフェースで実装されている独自ログクラスを簡単に指定することができ、出力ファイル名も柔軟に変更できるようになりました。

再び公式より引用
'single' => [
    'driver' => 'single',
    'tap' => [App\Logging\CustomizeFormatter::class],
    'path' => storage_path('logs/laravel.log'),
    'level' => 'debug',
],
ありがとうLaravel, ありがとうPSR.
LaravelLaravel5.6logLoggingMonologPHPロギングログ

kaneko tomo   kaneko tomo   2018年5月26日


関連記事

WordPressのカスタムフィールドでのチェックボックスの使い方

こんにちは、かねこです。 はじめに WordPressで、管理画面で指定した記事…

XAMPPのphpMyAdminを最新版にアップグレード

XAMPP for WindowsのphpMyAdminを最新版にアップデートす…

Laravelの開発用サーバ(のポート)

自分の開発用ローカルマシンはMacなのでPHPがデフォルトでインストールされてい…


← 前の投稿

次の投稿 →