ハマログ

株式会社イーツー・インフォの社員ブログ

【Laravel】Database connection [hogehoge] not configured.エラーのキャッシュクリア

環境構築時に.envファイルをイジっているときに起きたエラーです。

まず最初にでたエラーがこれ

SQLSTATE[HY000] [2002] Connection refused

DBの接続設定間違っているよエラーです。これの原因がDB_HOSTの値がまちがっていたからなんですけど、誤ってDB_CONNECTIONの値を書き換えてしまいました。気づかずに設定ファイルのキャッシュ生成

php artisan config:cache // キャッシュ生成

するとエラーが変わりまして、タイトルのこれ

Database connection [hogehoge] not configured.

[hogehoge] – .envのDB_CONNECTIONに入力した値

Laravelでは複数のDB接続先設定を用意することが出来ます。

config/database.php

database.php内に用意されていない値を.envのDB_CONNECTIONに入力するとこのエラーが返ってきます。

原因もわかったところで.envを正しく修正し直して、新しくキャッシュを生成してやればいいだけ。

php artisan config:cache // キャッシュ生成

しかしキャッシュクリアできず、同じエラーが返ってきました。キャッシュクリアどころかphp artisanを実行してもエラーが返ってきます。

Database connection [hogehoge] not configured.

コマンドだけではどうしようもなくなりました。

調べた結果、生成されたファイルを直接削除しにいけばいいとのこと。

bootstrap/cache/config.php

rm bootstrap/cache/config.php //config.phpを削除
ls -la // 削除されたことを確認

php aritsanコマンド実行してみる

php artisan

実行できました。

キャッシュ生成して終わり。

php artisan config:cache

キャッシュ削除のコマンド

php artisan config:clear

生成されるファイルのパス:bootstrap/cache/config.php

php artisan route:clear

生成されるファイルのパス:bootstrap/cache/routes.php

php artisan view:clear

生成されるファイルのパス:storage/framework/views/hoge.php

php artisan cache:clear

生成されるファイルのパス:storage/framework/cache/data/fuga.php

php artisan optimize:clear

このコマンドひとつで、上記のキャッシュ削除コマンドを全て実行する。


  kusano   2020年9月17日


関連記事

景観の構造

【KITSU】です。 横浜のオフィスから見るみなとみらいの風景はいつもすばらしい…

七夜月 2018

酷暑厳しいなかですが、7月といえば蓮! ということで、恒例の大船フラワーセンター…

「バンガロー」で仕事してきました!

またまたお久しぶりです。mitchyです。 先日はe2infoメンバーで「バンガ…


← 前の投稿

次の投稿 →