ハマログ

株式会社イーツー・インフォの社員ブログ

ITツールの機能紹介-画像のテキストを翻訳する方法-

つ~じ~です。感性が独特とよく言われます。

今回は「翻訳ツール」に関する機能の紹介です。

自動翻訳

皆さんは海外の文章を見た時どうしてますでしょうか。外国語余裕な頭の良い方ばかりでしょうか、私は読めません。
近年は技術も発達しており、外国語の文章を入力するだけで任意の言語に翻訳してくれる「Google翻訳」などのツールが多数存在しております。

Google翻訳

https://translate.google.co.jp/?hl=ja

昔は「自動翻訳は無茶苦茶で当てにならない」とよく言われたものですが、近年はかなり精度が上がっており、独特な文法や用語が使われていない限りはほぼ正確に翻訳してくれます。
(完璧とは言えないので自分で再翻訳したり調整はしましょう)

そんな便利な翻訳機能ですが、
例えば海外旅行先で外国語がびっしり書かれた看板や案内板があったらどうでしょうか。その文章を全部目コピで打ち込むのはとても大変です。

そんな時に、「撮影した写真の中にある外国語を読み取って翻訳してくれる機能」があったらどうでしょうか? 便利ですよね。

Google翻訳のアプリ版にはそんな機能があります。

画像翻訳

本稿ではiOS版のGoogle翻訳アプリを紹介します。

iOS版 Google翻訳

https://apps.apple.com/jp/app/google-%E7%BF%BB%E8%A8%B3/id414706506

アプリを導入したら、まず翻訳前の言語と翻訳後の言語を指定します。この作業は必ず先に行う必要があります

言語を指定したら「カメラ入力」を選択。

スキャン」モードを選択し、翻訳したい文章をカメラ内に映している状態で下部の撮影ボタンを押します。

 

翻訳したい文章に枠が付くのでそれを指でなぞって選択。

これで翻訳ができます。矢印を押せば全文を読むことができます。

 

スキャンの他にも「インポート」の機能があり、こちらを使うと
端末内のカメラロールの任意の画像から翻訳したい文章を読み取ることができます。インポート後の操作はスキャンと同じです。

こちらの機能なら、事前に撮影していた写真のテキストを読み取る以外に、iPhoneで保存したスクリーンショット内のテキストを翻訳することも可能です。アプリやブラウザを閲覧していて読めない文章があった時などにかなり便利です。

他にも「リアルタイム」という機能があり、iPhoneのカメラで映しているテキストをリアルタイムで翻訳してくれます

 

見た目としては面白く便利そうですが、こちらはあまり翻訳の精度が高くありません。翻訳中は元の文章がわからなくなってしまうのも欠点です。今後の発展に期待します。


今後もたくさんの機能を使えるようになっていきましょう。今回はこれにて


  つーじー   2022年1月14日


関連記事

RDS環境で動いているOracleのセッションを強制終了する

RDS上で動いているOracleのTEMP領域を削除(もしくは圧縮)する際に、T…

奄美大島紬。

今回は、会社のブログを使用して奄美の伝統工芸品を紹介します。 奄美といえば、大島…

iOSアプリケーションの審査通過後の公開時期

こんにちは、かねこです。 花粉の季節、いかがお過ごしでしょうか。 はじめに 会社…


← 前の投稿

次の投稿 →