ハマログ

株式会社イーツー・インフォの社員ブログ

AWSのELBのエンドポイントにネイキッドドメインを設定する方法

Aレコード。そう思っていた時期が私にもありました。

「ドメインの設定なんてAレコード設定すればええやん」と思っていたがELBは明示的に固定IPを設定しない限り動的にIPが割り当てられるのでダメ。

CNAMEレコード。そう思っていた時期が私にもありました。

「じゃあエンドポイントをCNAMEでレコード設定すればええやん」と思っていたがネイキッドドメインの場合RFC1912によりCNAMEは他のレコードと共存できない。
つまりNSレコードと共存できないので、ネイキッドドメインの場合は実質的にCNAMEレコードでは設定できない。

ほうエイリアス入りレコードですか…たいしたものですね

結論はALIASレコードを使えばいい。
ただし使えるNameServerプロバイダは限られる。

AWSは保護されているッッッ

AWSでの設定方法は以下の通りエイリアスを「ON」にしてALBのエンドポイントを設定すればOK。
エンドポイントは通常自分のALBを選択するのだが、これの良いところは「全く関係ない別のAWSアカウントのALBも設定できる」ところ。
もし外部で権威DNSを管理している場合でもAWSのRoute53を使っていれば固定IPを払い出さなくても良いのだ。

DNSELBネイキッドドメイン

  at   2023年12月22日


関連記事

EC2からAWS ElastiCache for Redisへの接続確認(redis-cli)

表題の通り。AWSコンソールから作成したElastiCahce for Redi…

AWS上にWindows+OWASP Zap環境を作る

OWASP Zapでの脆弱性検査を、開発者PCもしくはオフィスの共有PCから実行…

yum update時のエラーの解決 ERROR with transaction check vs depsolve:

yum updateの途中でコンソールが応答しなくなり、それ以降のyum upd…


← 前の投稿

次の投稿 →