ハマログ

株式会社イーツー・インフォの社員ブログ

先日使えるようになったGitHub CopilotのChatとfor CLIが便利だった

今年、2023年2月にGitHub Copilot for Businessが正式提供されました。e2infoでも2月から使い始めていて、もう10ヶ月経ちます。

先日、GitHub Copilotの新機能が有効化できると聞いたので、設定をお願いしました。

実際に使ってみたところ、2つともいい感触だったので、今回はそのちょっとした使用例です。

GitHub Copilot Chat

通常のGitHub Copilotはコード補完が(と言うには結構ゼロから作ってくれますが…)基本的な機能です。GitHub Copilot Chatは、ChatGPTのように会話形式でAI支援を受けられます。たとえばVSCodeで新規ファイルを作ったとき「Bootstrapで氏名・住所・性別・生年月日を入力するフォームを作ってくれ」とプロンプトを入力すると、わりとちゃんと作ってくれます。

これだけでも便利ですが、GitHub Copilot Chatが最も便利なのは既存のコードをもとに会話できることなんじゃないかと思います。

コードを選択して右クリックして “Copilot > これを説明をする” などが選べます。良い例を準備できなかったのでここでは詳細を省きますが、チャット形式でコードについて説明してもらったり、修正案を考えてもらうことができます。

GitHub Copilot for CLI

思ったよりも便利だったのが、2つ目の “for CLI” の方です。GitHub CopilotはエディタやIDEで使うツールですが、シェル上でGitHub Copilotの支援を受けられるようになります。

使うにはGitHub CLIの準備が必要です。私はこのためにGitHub CLIを初めて導入しました。他の記事でも書いてますが、WindowsではUbuntu (WSL2)を使うのがおすすめです。

これでgh copilot suggestを実行すると、次のように使えます。

ちゃんと動くだけでなく、trの置換だけでなくsedで末尾の縦棒を消すひと手間など、意外と気が利いたコマンドです。

これだけでも十分な気がしますが、”Revice command”で文句をつけることができます。今回はファイル名一覧にフォルダーを含めてほしくなかったので、そうお願いしてみると

find を使って改善してくれました。

このくらいならLinuxのちょっとしたテクニック程度かもしれません。しかしGitHub Copilot for CLIは、もっと複雑で、覚えていられないコマンドにこそ役立ちます。AWS CLIがまさにそれです

たとえば「EC2インスタンスのIPアドレスが知りたいなぁ、でもAWSマネジメントコンソールを開くの面倒だなぁ」と思ったときに…

動きました。AWS CLIはサブコマンドが大量にあるだけでなく、表示される情報を絞るためのqueryを書くのも大変なのですが、それを全部やってくれました。これはかなり便利です。

ちなみに、この画像で”ghcs”でGitHub Copilot for CLIを呼び出しているのは、.bashrcに次の行を追加したからです。

alias ghcs="gh copilot suggest -t shell"

使用頻度によっては、もっと短い文字やショートカットキーを設定してもよいかもしれません。より手軽にGitHub Copilot for CLIを使うことができるようになるので、おすすめです。

最後に

秋頃にあまり記事をかけなかったのでその分、12月の2つ目になりますがかさ増しとして記事書きました。GitHub Copilotが便利なのは知っていたつもりですが、AWS CLIと組み合わせたときの相性が想像以上でした。

これは日々の生活が便利になりそうです。

  koni   2023年12月27日


関連記事

haystackとneedles

PHPコーディング中に、NetbBeansのコード補完でhaystack, ne…

libfaketimeを使ってdocker-composeの複数コンテナでダミー時刻を設定する

私たちがDockerなどで使っているコンテナ技術の実態は、仮想マシン(VM)のそ…

ITツールの機能紹介-Gmailで時間指定で検索する方法-

つ~じ~です。巨星墜つ、と言える大きな出来事が続いていて驚きを隠せません。時代の…


← 前の投稿

次の投稿 →