ハマログ

株式会社イーツー・インフォの社員ブログ

会議ツールを比較してみる(ZOOM、Microsoft Teams、Google meet)

日常的にWEB会議(オンライン会議)することが当たり前になってきた昨今。

e2infoではZOOMMicrosoft TeamsGoogle meetのいずれかで実施することがほとんどです。

弊社で会議URLを発行する場合はGoogle meetでの対応となりますが、クライアント企業様でご利用しやすいツールを使うことも多々あります。

今回は、今更ながら3つのWEB会議ツールを比較してみようと思います。

3つのツールはすべて無料でも利用可能! 今回は無料版でできることを比較してみます。

 

共通していること

利用可能人数(最大100人) / チャット機能 /画面共有/バーチャル背景

次にそれぞれの特徴を見てみます。

 

ZOOMの特徴
  • 利用可能時間は40分
  • ブレイクアウトルーム(開催しているZoomミーティングにおいて、参加者を少人数のグループに分けてミーティングを行える機能)がある(詳しくはこちら)
  • 待機室がある
  • 招待したユーザーのみに入室制限できる
  • ホスト以外の権限を制限可能
  • 録画や録音が可能(参加者に通知される)
  • リアクション機能(挙手と絵文字多数!チャイムを鳴らしたりハンドジェスチャー認識などもあり)

 

Microsoft Teams
  • 利用可能時間は60分
  • 録音・録画機能はなし
  • ブレイクアウトルーム(開催しているZoomミーティングにおいて、参加者を少人数のグループに分けてミーティングを行える機能)がある (詳しくはこちら)
  • リアクション機能(絵文字5種と挙手)

 

Google  Meet
  • 利用可能時間は60分
  • 録音・録画機能はなし
  • ブレイクアウトルームなし
  • リアクション機能あり (絵文字9種(肌の色を変えられる)と挙手)
  • Googleカレンダーから容易にMTG設定できる

まとめ

似ているようでちょっとずつ異なる3つのツール。

今回調査してみて細かい違いも見えました。

利用可能時間の長さや録音・録画機能、ブレイクアウトルームなど開催するミーティングによって使い分けて使いこなしたいと思います。

 

 

Google meetMicrosoft Teamsweb会議Zoomオンライン会議

  nn   2024年2月28日


関連記事

好きなゲームで印象に残ったこと-テイルズオブシリーズ-

つ~じ~です。三連休に温泉でも行こうかと予定経てたらちょうど台風でげんなりしまし…

キャラクター

どうも。 台風が過ぎ去って、めっきり寒くなってきた奄美から元井がお送りします。 …

CSSグラデーション作成用ジェネレーターの紹介

グラデーションを使用したデザインが少し前から再流行しています。 グラデーションは…


← 前の投稿

次の投稿 →