ハマログ

株式会社イーツー・インフォの社員ブログ

Laravel Novaつかってみる

はじめに

管理画面にlaravel-adminを使っていたのですが、あまり更新されなくなってしまった(Laravel6に対応していない)ので、最近はLaravel Novaを利用しています。有料だけど。
ここではインストールの流れを記録してみます。

Laravel Novaインストール

公式の手順どおりです。
composer経由で取得するので、composer.jsonに以下の内容を追記します。
場所はどこでもよさそう。
"repositories": [
    {
        "type": "composer",
        "url": "https://nova.laravel.com"
    }
],
今回はrequire-devの上に書きました。
    "laravel/helpers": "^1.1"
  },
  "repositories": [
    {
      "type": "composer",
      "url": "https://nova.laravel.com"
    }
  ],
  "require-dev": {
コマンドを実行します
composer update
たしか本番へのインストールは認証情報を聞かれた気がしますが、ローカルは聞かれなかった。
# composer update
Loading composer repositories with package information
Updating dependencies (including require-dev)
Package operations: 4 installs, 0 updates, 0 removals
  - Installing spatie/once (1.1.0): Loading from cache
  - Installing moontoast/math (1.1.2): Loading from cache
  - Installing cakephp/chronos (1.2.8): Loading from cache
  - Installing laravel/nova (v2.6.1): Downloading (100%)
Writing lock file
Generating optimized autoload files
次のコマンドを実行します
php artisan nova:install
いろいろ出来ました。
必要に応じて、app/Nova/User.phpに記載してあるmodelクラスのパスを書き換えます。

今回のプロジェクトではApp\\Models\\Userだったので、そのようにしました。
ログインユーザーを登録します。以下のコマンドを実行します。
php artisan nova:user
対話式にユーザー登録をすることが出来ます
ログインしてみます。/novaにアクセス
ログインできました
ということで、Laravel Novaお手軽導入編でした。
composerLaravelLaravel NovaLaravelNovaNovaPHP

kaneko tomo   kaneko tomo   2019年10月31日


関連記事

Laravelのjsonレスポンスでスラッシュをエスケープしない

Laravelでjson形式のレスポンスを返却する際に、内部でjson_enco…

php+nginxでphp.iniを変更したらphp-fpmも再起動しよう

どーも、ゆうたです。 ちょっと前に健康診断を受けたら「動脈硬化のリスク有り」でC…

xampp+netbeansでデバッグ設定時にエラーphp5ts.dll見つかりません

この度、XAMPP1.8.3を利用してWindowsパソコンにNetBeans …


← 前の投稿

次の投稿 →