ハマログ

株式会社イーツー・インフォの社員ブログ

SpringFrameworkのAutowiredでQualifierタグを利用

こんにちは、かねこです。

はじめに

SpringFrameworkのAutowiredアノテーションを利用することで、クラスを自動インジェクションすることができるようになります。

public class SampleService{
@Autowired
private Parent parent;
}

setter(またはコンストラクタ)を記述する必要がないため、古いSpringFrameworkと比較して、コード量を劇的に減らすことができます。

一方、(めったにありませんが)自動マッピングを使うが故に発生する問題というのもあります。よく遭遇するのは「マッピング対象のクラスが複数ある」ケースです。

動くコードで試してみます。

クラスParent

@Component
public class Parent{}

Parentを継承したクラスChild

@Component
public class Child extends Parent()

クラスを利用する。

public class SampleService{
	@Autowired
	private Parent parent;
}

コンテナ起動で例外

org.springframework.beans.factory.BeanCreationException: Error creating
bean with name ’sampleService': Autowiring of fields failed; nested
exception is org.springframework.beans.factory.BeanCreationException:
Could not autowire field: private com.example.Parent
com.example.service.SampleServiceImpl.parent; nested
exception is
org.springframework.beans.factory.NoSuchBeanDefinitionException: No
unique bean of type [com.example.Parent] is defined:
expected single matching bean but found 2: [parent,
child]

これは、DIコンテナがオブジェクト設定する時に、型で一致させにいくため、複数マッチしてしまうのが原因です。

解決策

@Qualifierタグを利用することで、bean名でInjectionできるようになります。

public class SampleService{
	@Autowired
	@Qualifier("Parent")
	private Parent parent;
}

かねこでした。

AutowiredDIInjectionIOCJavaJavaEEJavaSESpringSpringFramework

kaneko tomo   kaneko tomo   2014年3月13日


関連記事

どくしょかんそうぶん

———-amazonより—&#8…

Googleアナリティクスのイベントトラッキング

Googleアナリティクスのイベントトラッキングについて。 数年後にはすべてのサ…


← 前の投稿

次の投稿 →