ハマログ

株式会社イーツー・インフォの社員ブログ

今話題のZ.comを利用してWordPressを構築してみた1

Z.comはGMOグループが提供する、ブランドです。

そこで今回は先月からサービス開始したばっかりの、「Z.com」を利用して

WordPressを使ってコーポレートサイトを構築してみました!

WS000138

Z.com

 

ここで唐突にお金の話になりますが

料金は月額900円~となっております。

時間単位、月単位の料金体系が選べ、課金制もあるので

知らない間にものすごい請求が!なんてこともないので

安心して利用できちゃいます。

Z.comのWordPressサーバーには下記のような機能があります。

 

[主な機能]

・WordPress自動セットアップ

・Full SSD

・共通ドメイン

・多言語対応コントロールパネル

・スケールアウト スケールイン

・独自ドメイン設定

・無料バックアップ / 無料リストア

・1クリックサイトコピー

・キャッシュ設定

・SFTP

・phpMyAdmin

・エラーログ

・ステージング環境

・マルチリージョン対応

・WordPress自動セットアップ

・プロフェッショナル無料サポート

etc

 

これだけ使えて月額900円は安いですね!

じつは10月24日にZ.comでWordPressを構築したのですが

最初だったので、500円だけ課金して色々といじってる感じです!

それではログインしてMyページをみてましょーー!!!

 

WS000139

 

 

って

チャージ額底ついて止まってんじゃん!

とりあえず再度課金して復活を試みます。

 

 

・・・・・

 

チャージしても停止のままで再開のボタンも見当たりませんね・・・

Google先生に聞いてみても解決策はでてこないので

Z.comの担当の方に電話で聞いてみました。

 

 

どうやら入金確認後、ある程度時間がたってから使えるようになるとのこと。

 

すぐには再開できないみたいですね。

今回を教訓にクレジットでのオートチャージを設定いたしました。

次回は具体的なコントロールパネルや使い勝手を紹介したいと思います。

 

P.S.

Z.comというドメインをGMOは8億で取得したみたいです・・・


宇都宮 翼   宇都宮 翼   2015年11月9日


関連記事

VagrantとAnsibleで仮想環境のCentOS6.5にWordPress環境構築!WebサーバーはNginxですか?(中編)

はい、どーも! てるおです。 前編の戦いを経た今、恐れるものはありません。 早速…

VagrantとAnsibleで仮想環境のCentOS6.5にWordPress環境構築!WebサーバーはNginxですか?(前編)

はいどーも! てるおです。 はいどーも!に見出しタグを使って元気感を演出していま…

WordPressのメモリ制限エラーを回避する

WordPressで開発したプラグインを実行したり、既存のプラグインを利用して大…


← 前の投稿

次の投稿 →